• くるまのニュース
  • ライフ
  • レクサスが東京五輪へオープンカー復活準備? 「LCコンバーチブル」“どれだけカッコイイか”が重要

レクサスが東京五輪へオープンカー復活準備? 「LCコンバーチブル」“どれだけカッコイイか”が重要

北米国際自動車ショー(デトロイトモーターショー)で、レクサスが「LC」のオープンモデルを初公開しました。今回発表された「LC Convertible concept(LCコンバーチブルコンセプト)」は、レクサスのエレガントなオープンモデルの新提案というわけです。

注目はラグジュアリークーペにふさわしいデザイン

 アメリカ自動車産業の本拠地といえるデトロイトで開催されている北米国際自動車ショー(デトロイトモーターショー2019)で、レクサスが「LC」のオープンモデルを初公開しました。「LC」は2017年3月に発売されたレクサスのフラッグシップクーペで、「LC500」には477psを発生する2UR-GSE型のV型8気筒5.0リッターエンジンを、「LC500h」には8GR-FXS型のV型6気筒3.5リッターエンジンにモーターを組み合わせたシステム出力359psのハイブリッドシステムを搭載しています。

デトロイトショー2019で披露されたレクサス「LCコンバーチブル」

 今回発表された「LC Convertible concept(LCコンバーチブルコンセプト)」は、「レクサスが提唱するラグジュアリーライフスタイルの新たなる提案として開発。飽くなき美の追求と感性を刺激する唯一無二の体験の提供を目指します」とレクサスは説明。エレガントなオープンモデルの新提案というわけです。

PR優雅さを極めた麗しのクーペ! LCの中古車情報はコチラ

 注目はやはりデザイン。ラグジュアリークーペは優雅な雰囲気を醸し出すことがなにより重要で、オープンモデルとなればさらに美しさが求められます。天気のいい休日に、クルーザーやヨットに乗るためにマリーナへ向かうときにどれだけカッコいい姿を見せられるかが重要なのです。

「LCコンバーチブルコンセプト」は、その点に関しては十分に実現できているといっていいでしょう。クルマのデザインは、伸びやかさを表現するため、ある程度の車体の長さが必要ですが、クーペで全長4760mmあればきわめて美しいスタイリングを実現できます。

 そしてオープンカーの場合、斜め後ろから見た時に、キャビンの後ろからトランクリッド周辺のデザインが重要になります。幌を格納する都合などでボディデザインが不自然になったり、重たい印象を感じさせて雰囲気を崩してしまうこともあります。

 しかし、「LCコンバーチブルコンセプト」はキッチリと美しく仕上げられています。とくに、オープンカーの肝となるリアフェンダーの張り出しから、閉じたルーフを覆うフードにかけてのデザインが秀逸。クーペの派生モデルではなく、最初からオープンカー専用車としてデザインされたのかと思えるほど、スッキリかつ魅惑的なスタイリング処理といえます。

 また、クーペとは異なる意匠の、コンバーチブルコンセプト用にデザインされた22インチホイールも採用。現時点ではクーペに22インチタイヤの設定がないので、このホイールは今後の年次改良などでクーペの市販モデルに採用される可能性もあります。

レクサスのオープンクーペ「LCコンバーチブル」は市販化目前!? 詳細を画像でチェック

【夏休み】お得な航空券ならスカイチケット

画像ギャラリー

1 2

最新記事