トヨタ「スープラ」も17年ぶりに復活! 一度消えて復活した国産車5選

「CR-V」はSUVブームによって復活か!?

●ホンダ「CR-V」

ハイブリッドSUVとして復活した「CR-V」

 初代ホンダ「CR-V」は、それまで三菱「パジェロ」やトヨタ「ハイラックスサーフ」といった本格的な4WD車と違い、都会を走る「ライトクロカン」としてのジャンルを確立した立役者です。

 それから代を重ね、4代目まで同様なコンセプトのSUVとして販売されていましたが、2016年に日本市場から撤退してしまいました。

 北米や欧州などでは継続して販売され、2016年に5代目となるフルモデルチェンジしていましたが、2018年にSUVブームを受け、日本市場で復活を遂げることになりました。

 5代目「CR-V」は歴代モデルで初となるハイブリッドも用意され、1.5リッターターボ・ガソリンエンジン搭載車では3列シートの7人乗りモデルもラインナップしています。

●三菱「RVR」

日本の道にちょうどよいSUVとして発売された「RVR」

 1991年に発売された三菱「RVR」はSUVでありながら、リアドアにスライドドアを採用する画期的なモデルでした。

 1997年に2代目「RVR」が発売され、初代のコンセプトを引き継いだリアスライドも装備しながら、タウンユースを重視した「GDI RVR」と、SUV色の強い「RVRスポーツギア」の2種類がラインアップされました。しかし、時代背景としてミニバンがトップセラーとなっていたということもあり、2002年に生産を終了してしまいます。

 そして、2010年にコンパクトSUVとして「RVR」が復活しました。スライドドアは廃止され通常のドアになりましたが、全長4295mm、全幅1770mmというサイズは、日本の市街地においてジャストサイズなパッケージングになっています。

【了】

トヨタ「スープラ」、ホンダ「CR-V 」など復活した国産車5車種の画像を見る(21枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2 3

最新記事