トヨタ「スープラ」も17年ぶりに復活! 一度消えて復活した国産車5選

2002年に生産が終了した「スープラ」ですが、2019年1月14日に17年ぶりとなる復活が発表されました。このように、国内で一旦生産を終えてから復活したクルマはいくつもあります。そこで、復活して発売された国産車5車種をピックアップして紹介します。

復活して発売された国産車5車種を紹介

 トヨタは米国で2019年1月14日より開催されている「デトロイト・モーターショー」にて、新型「GRスープラ(以下、スープラ)」を世界初披露しました。

世界的なニュースとなった「スープラ」の復活

「スープラ」は日本において2002年に排ガス規制の対応が困難という理由で、生産を終了しています。そして、じつに17年ぶりとなる復活を遂げました。

 このように、国内で一旦生産を終えてから復活したクルマはいくつもあります。そこで、復活して発売された国産車5車種をピックアップして紹介します。

●トヨタ「スープラ」

新世代スーパースポーツとして生まれ変わった「スープラ」

 新型「スープラ」は、先代のA80型が2002年に生産終了してから17年ぶりの復活です。今回の新型「スープラ」は直列4気筒エンジンもラインナップされましたが、1978年に米国で初代スープラが誕生して以来、一貫して直列6気筒エンジンを搭載したFRという部分は踏襲されています。

PRトヨタの誇るリアルスポーツ! スープラの中古車情報はコチラ

 今回の新型モデルでは、ピュアスポーツカーにふさわしいハンドリング性能を実現することを目指し、「ホイールベース」「トレッド」「重心高」の3つの基本要素にこだわり開発が行われました。

 また、高次元の走りを実現する高剛性ボディとして、アルミニウムと鉄を用いた骨格構造と、異なる素材同士の接合強度を追求したことで、「86」の約2.5倍ものボディ剛性となっています。

なお、日本での発売は2019年春頃です。

トヨタ「スープラ」、ホンダ「CR-V 」など復活した国産車5車種の画像を見る(21枚)

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

1 2 3

【特集】東京モーターショー2019 開幕!

最新記事