帰省や旅行先でのトラブル注意 クルマのガラスが凍った時の対処法とは

真冬にクルマに乗ろうとしたら「フロントガラスの凍結で前が見えにくくて困った」という経験のある人も多いかもしれません。今回は、フロントガラス凍結時の対応策を紹介します。

真冬に困る、フロントガラスの凍結

 真冬に、クルマのフロントガラスが凍結してなかなか出かけられない経験をしたという人は多いと思います。とくに屋外駐車場に停めているケースで凍結する可能性が高くなります。

冬場のガラス凍結トラブル

 エンジンをかけてエアコンを高い温度設定にして曇りどめにも使うデフロスター位置にしても、視界が確保できるまでには10分以上かかってしまいますが、長時間のアイドリングは禁止されている地域も増えています。今回は、フロントガラスが凍結している時のオススメの対処方法をご紹介します。

 もっとも手軽な方法としては、ホームセンターやカー用品店などで購入できる「解氷スプレー」というものがあります。主な成分はアルコール水溶液ですが、これはアルコールが水と異なり0℃でも凍らない性質を利用しています。

 普及し始めた頃は、ボディの塗装やウインドー周りの接合部への悪影響が懸念されていましたが、カー用品店のスタッフは、「一般的に市販されている『自動車ウインドー用解氷スプレー』であれば、成分も自動車への使用が考慮されているので基本的には問題ありません。しかし、アルコール分を含んだ製品ですので、解氷後は早めに拭き取るようにしてください」と話します。

 また、ガラスに雪が積もっている場合には、まず雪を払い除けてから解氷スプレーを使用してください。降雪が多いエリアであれば、雪よけとして、フロントガラスをカバーできるシートを使用するのをオススメします。ただし、すでに雨などでフロントガラス周辺が濡れている状態でシートを装着すると、シートと車が凍結によりくっついてしまうことがありますので注意が必要です。

冬場の凍結・積雪を画像で見る

画像ギャラリー

1 2

最新記事