ヤマハ「TZR250」 レプリカブーム最後発でライバルから1歩先へ

レプリカ戦争最後発のヤマハは、ファクトリーマシンの技術を搭載した2ストロークモデル「TZR」を市場に投入します。

レプリカブーム最後発のTZRは、その後のブームを加速させた!

 ヤマハ「TZR250」は、RZ250Rの後継機種として誕生し、レーサーレプリカブームの火付け役として1985年に初期型が発売されました。

ヤマハ初期型「TZR250」

「TZR250」は、ファクトリーレーサーYZR250から技術のフィードバックを受け、ホンダ「NS250R」、スズキ「RG-250」、カワサキ「KR250」を凌ぐパワーと、ハンドリング性能を付与。

 搭載された2ストローク水冷並列2気筒エンジンからは、最高出力45psを発生させ、常用域での厚みのあるパワーバンドと軽量で高剛性アルミ合金製のアルミデルタボックスフレームやスイングアームを採用したことで、ワインデング路などでのハンドリングの良さは今のヤマハ車にも受け継がれています。

 また、排気タイミングをエンジン回転とスロットル開度に連動させる「YPVS」や「YZR500」と同じクランク室リードバルブ吸気方式を採用しています。

ヤマハ初期型「TZR250」

 外観デザインは、空力に優れるフルカウルや前後17インチホイールを採用したことでヤマハらしい古さを感じることがないデザインに仕上げられています。「TZR250」の販売価格は、当時54万9000円でした。

【了】

ヤマハ「TZR250」の画像を見る

画像ギャラリー

最新記事