これは次期GT-Rを示唆!? 新型「リーフNISMO RC」は日産EV技術を集結させたモデル

日産は2018年11月30日、世界に向けて初公開した新型EV(電気自動車)レーシングカー「NISSAN LEAF NISMO RC」のメディア向け説明会および試乗会を開催。ニスモのレーシングテクノロジーと日産EVの可能性をダイナミックに提示した、『ニッサン インテリジェント モビリティ』の優れたパフォーマンスを披露しました。

世界で最も売れているEV車「リーフ」の走りを追求した究極の形

 2018年11月30日に、東京銀座にある日産ブランドのグローバル拠点『NISSAN CROSSING』で初公開された『新型NISSAN LEAF NISMO RC』。その、日産の電気自動車技術が実現したエキサイティングで静かなゼロ・エミッションの走りが、富士スピードウェイで披露されました。

世界初公開の新型「NISSAN LEAF NISMO RC」

この新型「NISSAN LEAF NISMO RC」は、日産のモータースポーツを担うNISMOのレーシングテクノロジーによって開発され、最高出力と最大トルクは前型の2倍以上です。

 シャシの両端に搭載された2つの電動モーターで駆動し、その最大出力は240キロワット(各120キロワット)・最大トルク640Nmを発生。ドライブトレインの構成部品である大容量リチウムイオンバッテリーやインバーターなどには、市販モデルの日産「リーフ」技術を採用。

 また、多数の軽量部品に加え、フルカーボンファイバーのレーシングモノコック構造を採用することで、総重量をわずか1220kgに抑えることに成功し、優れたパワーウェイトレシオにより、0-100km/hの加速時間は前型の6.9秒をはるかに上回る3.4秒を実現。最高速は220km/hにも達します。

 そんな日産が生み出した究極の100%EVレーシングカー新型「NISSAN LEAF NISMO RC」の目指すEVの未来について、ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル株式会社 代表取締役 兼 最高執行責任者(COO)の松村基宏氏は次のように話します。

「このクルマは、EVの未来などという高度な意味合いを持って作られた訳ではなく、インテリジェントドライビングとインテリジェントパワー、そしてインテリジェントインテグレーション。この3つの言葉が組み合わさって、ニッサン インテリジェント モビリティというコンセプトになっているのですが、そのドライビングの部分にフォーカスしたら、どんなクルマが作れるかという1つのコンセプトからのエクスプレッションなんです。

 今回のモデルで反響を見て、将来の日産のクルマはこういうモデルにも需要があるので、『もっと楽しめるEVがあってもいいのではないか』という意見が出るようであれば、当然のことながら、EVのスポーツモデルを作っていく可能性はあります」

 あくまで、新型「NISSAN LEAF NISMO RC」は、日産のEV技術を走りに特化させたコンセプトモデルであることを強調していました。

世界初公開の新型「NISSAN LEAF NISMO RC」の画像を見る(26枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事