• くるまのニュース
  • ライフ
  • 国内バン市場が過熱、日産も参戦 ルノー「カングー」を日産ブランドで 広がる商用車のOEM、そのメリットとは

国内バン市場が過熱、日産も参戦 ルノー「カングー」を日産ブランドで 広がる商用車のOEM、そのメリットとは

アライアンスを組むルノー、日産、三菱が、フランスにおけるバンの生産強化を発表。日本でも人気のルノー「カングー」が、日産ブランドの「NV250」として生産されます。

ルノーの稼ぎ頭「カングー」、日産ブランドに

 今年に入り、国内商用車市場が注目されています。5月にはスズキが大型キャビンを持つ「スーパーキャリィ」を皮切りに、ホンダも7月に「N-VAN」を市場投入し、人気となっています。トヨタも11月中にも人気の商用バンである「プロボックス/サクシード」にハイブリッドモデルを追加する予定です。

 2018年11月8日(木)に、アライアンスを組むルノー、日産、三菱自動車の3社が、フランスにおいてバンの生産を拡大すると発表。モブージュおよびサンドヴィルの工場で、日産向け、三菱向けを含む新型バンを生産します。

 モブージュ工場はルノー「カングー」シリーズの生産拠点です。ルノーグループは同工場をさらに、EVモデルを含む次世代「カングー」シリーズの生産拠点としても位置づけ、今後5年間で「カングー」の生産に4億5千万ユーロ(約585億円)を投資、2019年には200名を新規雇用してバンの生産拡大をサポートするとしています。

ルノー「カングー ゼン」(画像:ルノー・ジャポン)

 現在、モブージュ工場では「カングー」のOEM車としてメルセデス・ベンツのバン「シタン」も生産していますが、今回、現行型「カングー」のプラットフォームをベースにした日産の新型バン「NV250」も2019年半ばから生産を開始すると発表されました。

PR日本でも人気のフランスバン!?ルノーカングーの中古車を見る

「カングー」は本国フランスでは1997(平成9)年に発売、日本には2002(平成14)年に登場しました。もともと、荷室を広く、高くした小型商用車として開発され、フランスでは郵便車として採用されるなど、欧州では商用利用が基本です。一方、日本ではファミリーカーとしての需要が高く、ルノー・ジャポンもそのような商品としてウェブサイトなどでPRしています。

 現在では「カングー」が日本におけるルノー車の販売台数の約3割を占めるほど。2018年5月に山中湖で開催されたファンイベント「ルノー カングージャンボリー2018」には、全国から1000台以上の「カングー」が集結したことなどからも、日本における根強い人気がうかがえます。ちなみに、現行型の「カングー ゼン」にはMTと、ATに近いフィーリングのEDC(エフィシエント デュアル クラッチ)が設定されていますが、欧州ではほとんどがMTの需要というなかで、EDCは日本側の働きかけによって誕生したものです。

「カングー」本来の姿? OEMが広がる様々な商用バンを写真で見る

画像ギャラリー

1 2

最新記事