• くるまのニュース
  • ニュース
  • レジェンドライダー「ケニー・ロバーツ」選手が往年の走りを披露! ヤマハの歴史車両がテストコースに集結

レジェンドライダー「ケニー・ロバーツ」選手が往年の走りを披露! ヤマハの歴史車両がテストコースに集結

1955年に初代モデル「YA-1」を発売したヤマハは、2018年で63年の社歴を迎えた日本を代表するオートバイメーカーです。

ヤマハ発動機63年の歴史を振り返る、1500人限定の特別な一日

 ヤマハは2018年11月3日、袋井テストコースで同社のミュージアム、コミュニケーションプラザが所有する歴史車両のデモ走行見学会を開催しました。

往年の走りを披露した「ケニー・ロバーツ」選手

 今回で10回目を迎えるこのイベントは、2016年の「ヤマハ歴史車両デモ走行見学会」開催時には、会場の袋井テストコースに入場できない熱狂的なヤマハファンが多数出るなど大盛況すぎるイベントとなっています。

 今回はその問題点を解消するためにwebサイトにて先着1500人名限定でイベントへの入場チケットを販売。チケットは、事前申し込み予約開始からわずか20分ですべてが完売しています。

 当日は1955年に登場したヤマハの初代モデル「YA-1」を筆頭に、1960年代から1990年代に発売された市販車や、レースバイク約60台の展示やデモ走行を実施。

 デモ走行の一番手として「YA-1」で颯爽と登場したヤマハ発動機の日高社長は、
 
「本日は走行会にお越し頂き、誠にありがとうございます。今回展示した車両は弊社のコミュニケーションプラザに展示しているものの一部ですが、そのすべては常に動かせる状態で保存することを基本にしています。

そのため、私の信頼するメカニックたちが定期的にメンテナンスをすることで、いつでも車両は最高のパフォーマンスが発揮できるように準備されています。

本日の走行会でもそれぞれの年代のマシンが往年の走りを披露してくれますので、その走行シーンを是非、お愉しみください」

と、会場に訪れた熱心なヤマハファンに語りました。

※ ※ ※

 2018年の「ヤマハ歴史車両デモ走行見学会」には、さらなるサプライズが用意されていました。

 ヤマハ袋井テストコースに響き渡る甲高いエンジン音と共に、突如コース上にレースバイク「YZR500(OW70)」をライディングする「ケニー・ロバーツ」選手が登場し、12月31日で67歳を迎えるとは思えないアグレッシブな走りを披露。
 
 ヤマハのレーシングバイクで1978年から1980年にロードレース世界選手権500ccクラス(1978年には250ccクラスでも優勝)で3年連続チャンピオンに輝いた「キング・ケニー」こと「ケニー・ロバーツ」選手は、

「私の中では1985年のYZR500(OW81)がヤマハのレースバイク史上、もっとも評価が高い一台です。安定して乗りやすい4ストロークはもちろん良いですが、やはり2ストローク・マシンのエキサイティングな乗り味の方が私の好みですね。」

と語ります。

 今回、「ケニー・ロバーツ」選手が走らせた「YZR500(OW70)」は、アルミ製デルタボックスフレームやフロント17インチのホイールをはじめて採用したマシンで、1983年にホンダの「NS500」を駆る「フレディ・スペンサー」と熾烈なチャンピオン争いを展開した一台です。

 また、「YZR500(OW70)」と共に「YZR750(OW31)」でのデモ走行も行われましたが、市販マシン「TZ750」をベースに様々な改良が施されたこのマシンは、デイトナ200マイル他、国内外のF750クラスで常勝を誇った歴史的一台となっています。

 2輪の他、トヨタと共同開発した「2000GT」やヤマハ製V10エンジンを搭載するトヨタ「LFA」、F1用エンジンを搭載したプロトタイプマシン「YAMAHA OX99-11」などの走行も公開されたこの催しは、イベントの最後として抽選で「ケニー・ロバーツ」選手のサイン入りグッズなども配布。

 まさに「ユーザーと共に感動を創り出す」というヤマハの信念を体現する、同メーカーならではの魅力が詰まった催しとなっています。

【了】

「ヤマハ歴史車両デモ走行見学会」の画像を見る(15枚)

画像ギャラリー

最新記事