トヨタ人気車種「ルーミー/タンク」改良でさらに安全に 快適性を高めた特別仕様車も登場

トヨタの「ルーミ/タンク」は、同メーカーのラインナップの中でも高い人気を誇る、使い勝手に優れたコンパクトミニバンです。

プラットフォームを共有するトヨタの兄弟車が安全機能面を改良

 2018年11月1日、トヨタはコンパクトミニバン「ルーミー/タンク」の安全機能面を改良するとともに、特別仕様車「G“Cozy Edition(コージーエディション)”」をラインナップに加え発売を開始しました。

トヨタ新型「タンク」

 今回の改良により、歩行者も検知対象な衝突回避支援ブレーキ機能や、夜間での歩行者の早期発見に貢献するオートハイビームなどを備えた先進の衝突回避支援システム「スマートアシストIII」(ダイハツの登録商標)の他、前後方のセンサーで障害物を検知して警告音で知らせるコーナーセンサーが全車に標準装備。

 ボディカラーに関しても、モノトーン車にはファイアークォーツレッドメタリックを、ツートーン車にはブラックマイカメタリック×ファイアークォーツレッドメタリックと、ブラックマイカメタリック×パールホワイトⅢが新たに設定されています。

 また、特別仕様車である「G“Cozy Edition(コージーエディション)”」では、「G」グレードをベースに汚れにくい撥水機能付の専用シート表皮(ファブリック)や、快適性や機能性を向上させるシートヒーター、バックカメラなどを特別装備。

 メッキバックドアガーニッシュやメッキフロントインサイドドアハンドル、メッキレジスターノブなどの内外装パーツや、ピアノブラック塗装、シルバー加飾を施したインテリアデザインによりスタイリッシュで上品な仕上がりとされています。

「品格と艶やかさ」を追求したルーミーと、「ダイナミックさ」を表現したタンクの新型車は、価格(消費税込み)152万8200円から200万8800円となっています。

【了】

トヨタ新型「ルーミー/タンク」の画像を見る(7枚)

画像ギャラリー

最新記事