レクサス新型「RC」発売 フラッグシップクーペ「LC」の流れを汲む内外装デザインに変更

レクサスは、スポーツクーペ「RC」をマイナーチェンジし、全国のレクサス店を通じて10月31日に発売。新型「RC」は、フラッグシップクーペ「LC」で培った新世代レクサスのデザイン・走りを継承し、より魅力的なクーペに進化することを目標として開発されました。

内外装を「LC」の流れを汲むデザインに変更

レクサスは、スポーツクーペ「RC」をマイナーチェンジし、全国のレクサス店を通じて10月31日に発売しました。

内外装のデザインが変更された新型レクサス「RC」

 今回発表の新型「RC」は、フラッグシップクーペ「LC」で培った新世代レクサスのデザイン・走りを継承し、より魅力的なクーペに進化することを目標として開発されました。

 外装は独創的でスポーティなイメージはそのままに、「LC」の流れを汲むデザインを両立させています。具体的には、ヘッドランプから下に伸びるバンパーコーナーの造形や、上下で開口比率を徐々に変化させたメッシュパターンのスピンドルグリルなど、特徴的なデザインを採用。

 また、超小型三眼LEDヘッドランプユニットを縦方向に配置し、L字型のLEDクリアランスランプとの組み合わせで、新型「RC」独自の表情を創出しています。

 リアは、バンパーコーナーにエアダクトを設け、優れた操縦安定性を実現するとともに、タイヤの踏ん張りを強調する造形で、走行性能の高さを表現しています。また、リヤコンビネーションランプをL字がより際立つデザインとすることで、レクサスクーペとしての記号性を強調しています。

 内装は、レクサスならではの高い質感や快適性に加え、運転の愉しさを際立たせるものとなっています。ヒーターコントロールパネルとオーディオパネルを質感の高いヘアライン調に変更し、大型化したニーパッドで両端から挟み込む構成とすることにより、上質な空間を実現。

 インパネ上に「LC」と同意匠のアナログクロックを採用することで、さらに質感の高さを付与しています。

 さらに、「LC」の鋭く優雅な走りを継承するため、空力性能の向上や、タイヤ、サスペンションなどの主要部品を改良したほか、2リッターターボエンジンはアクセル操作に対するレスポンスを向上し、よりダイレクトな加速フィーリングを実現。

 エンジンについては2リッターターボのみの改良で「馬力やトルクなどのスペックに変更はありません」(レクサス)とのことで、3.5リッターエンジンと、2.5リッターハイブリッドは従来通りとなっています。

 ほかにもハンドリングの感触にいたるまで作りこみを行ない、ドライバーの運転操作に忠実な高い操縦安定性と、フラットな車両姿勢や滑らかな走りによる優れた乗り心地となっています。

 レクサス「RC」の価格(消費税込)価格は、556万円から683万円となっています。

 なお、2016年から現在までのグレード別販売比率は「RC350」が15%、「RC300h」が48%、「RC300」が37%となっており、「RC300」のみエンジンを改良したことで、販売台数の底上げというプランもあるようです。
 
【了】

レクサスの新型スポーツクーペ「RC」を画像でチェック(14枚)

画像ギャラリー

最新記事