メルセデス・ベンツ新型「Aクラス」何が凄いのか? 開発者に聞いてみた

メルセデス・ベンツは、スポーツコンパクトモデル新型「Aクラス」を発表しました。先代から全て刷新した新型「Aクラス」の特徴を開発者に聞きました。

メルセデスベンツの主力スポーツコンパクト登場

 メルセデス・ベンツ新型「Aクラス」が発表されました。本日発表されたAクラスは、98年にコンパクトモデルとして鮮烈なデビューを飾ったのちに、2013年のフルモデルチェンジの際、新世代のスポーツコンパクトとして大幅な進化を遂げています。メルセデス・ベンツのエントリーモデルとして日本では、累計で45000台販売されています。

新型「Aクラス」発表、手前メルセデス・ベンツ日本 上野社長

 新型「Aクラス」は、フラッグシップモデルであるSクラスとほぼ同等の安全運転支援システム、そしてメルセデス初の対話型インフォテインメントシステム、MBUXを搭載した新しい時代を切り開くモデルとなっています。

 クルマへの自然な語りかけで車内の様々な設定が可能なのは、それ自体が安全性を高めています。通話などちょっとした操作のために進行方向から視線を外す必要がなくなり、クルマと接続することでスマートフォンを取り出す必要もありません。また、そのスマートフォン用にワイアレスチャージング機能を標準装備としています。

 AクラスのTVCMを9月28日より一部分放送をしたことについて上野社長は、「新型Aクラスを発表するにあたり1番の特徴ともいえる『話す』という機能をわかりやすく表現するために日本を代表する声優の方々にご登場いただきました。

 実は本日発表モデルではありますが、9月3日よりスピーディかつ特典付きの購入が可能なオンラインプログラム プレオーダーメルセデスにて新型Aクラスの予約を開始いたしました。おかげさまですでに約800台のご注文予約をいただいております」と語り注文予約も順調に伸びているようです。

海外で発表された新型「Aクラス セダン」

 また、海外で発表されたAクラスのセダンモデル日本導入については、「弊社の社長からはドイツで販売しているクルマは可能な限り日本のお客様にお届けするようにと言われております」とメルセデスベンツ広報部よりコメントをいただきました。

全てを刷新したメルセデス・ベンツ 新型Aクラスを写真で見る

画像ギャラリー

1 2

最新記事