2018年上半期 ワン・ツーの日産「ノート」vs トヨタ「アクア」 燃費、広さ、価格を徹底比較

2018年上半期の登録車販売台数で1位を争った日産「ノート」とトヨタ「アクア」。共通点も多いこの2車種ですが、燃費や室内空間などいくつかのポイントで比較してみました。

2018年上半期の登録車販売台数1位「ノート」と2位「アクア」

 TVCMやWebサイトでも「2018年上半期 登録車販売台数 No.1」とアピールしている日産「ノート」ですが、購入時の比較対象とされることが多いトヨタ「アクア」が販売台数2位となっており、いい意味でのライバルであることは間違いありません。

日産「ノートe-POWER」とトヨタ「アクア」どんな違いがある?

「ノート」にはエンジンで発電してモーターだけで走る「e-POWER」があり、対する「アクア」はモーターとエンジンの長所を最大限活かしながら低燃費と走りを両立する「THSII」(Toyota Hybrid System II)と、両車ともにエコを最大の売りにしていますが大きく違っています。そんなポイントも含めて販売台数1位と2位のライバル車を比較してみました。

カタログ燃費では「ノート」が有利だが…

 JC08モード燃費消費率で37.2km/Lを誇る「ノートe-POWER」ですが、この数値は「e-POWER S」グレードのみとなっています。一見すると「アクア」のカタログなどで記載されている34.4km/Lを上回っているようにも思えますが、「ノートe-POWER S」は装備が簡素なので、実際の売れ筋グレードの燃費は34.0km/Lとなり、スペック的にはアクアの方が、燃費が良いことになります。また「アクア」の廉価グレード「L」では燃費は38.0km/Lとなっていますので、購入時の比較検討時には見誤らないようにしましょう。

「ノートe-POWER」のエンジンは、最高出力79PSを発揮する1.2リッターDOHC水冷直列3気筒の「HR12DE型」で、最高出力109PS/最大トルク25.9kgmの「EM57」型モーターを駆動する電気を発電します。

「アクア」は最高出力74PS/最大トルク11.3kgmの1.5リッター水冷直列4気筒の「1NZ-FXE型」を、最高出力61PS/最大トルク17.2kgmの「1LM型」モーターがアシストします。両方の動力をあわせて発揮できる出力(システム出力)は100PSとなります。

 実際に運転すると、EVの日産「リーフ」の駆動用モーターが使われている「ノートe-POWER」の高トルクは驚くほどで、「これがEVなんだ」と納得できるものです。また「ノート e-POWER」は回生ブレーキの効き具合をアクセル操作でコントロールできるので、アクセル操作だけで発進/停止ができてしまいます。「アクア」も回生ブレーキをコントロールする機能は持っていますが、この点は「ノート e-POWER」のほうが、特別感が強く感じられます。

販売台数でライバル同士の「ノート」と「アクア」を画像でチェック(10枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事