ホンダ「フリード」など8.6万台をリコール エアバッグの膨張装置の容器破損の恐れ

2018年9月27日、ホンダは助手席側のエアバッグのインフレータ(膨張装置)に不具合があるとして、フリードを含む6車種、計8万6567台をリコールしました。

ホンダ「フリード」を含む計8万6567台をリコール

 ホンダは2018年9月27日、助手席側のエアバッグのインフレータ(膨張装置)に不具合があるとして、フリードを含む6車種、計8万6567台をリコールしました。

ホンダが6車種、計8万6567台をリコール

 今回のリコールでは、助手席側のエアバッグのインフレータ(膨張装置)が環境温度、および湿度変化の繰り返しによりガス発生剤が劣化することがあるため、 エアバッグ展開時にインフレ-タ内圧が異常上昇して、インフレータ容器が破損するおそれがあるとしています。

PRホンダ フリードの中古車はコチラ

 対象車両は、平成26年1月6日から平成27年3月30日製造の

フリード/フリード・スパイク:70950台
フィットシャトル:15013台
インサイト/インサイト・エクスクルーシブ:594台
フィットEV:10台

上記計6車種で、合計台数は8万6567台となっています。
 
 対策方法としては全車両、助手席側エアバッグのインフレータを対策品と交換するとしています。

この記事の画像を見る(2枚)

画像ギャラリー

最新記事