• くるまのニュース
  • 試乗記
  • 日産 新型「ノート e-POWER NISMO S」に速攻試乗 買い物から峠までカバーするパワフル・ハイブリッド 出力は25%アップ!

日産 新型「ノート e-POWER NISMO S」に速攻試乗 買い物から峠までカバーするパワフル・ハイブリッド 出力は25%アップ!

2018年上半期の販売台数ナンバー1の日産「ノート」に「ノート e-POWER NISMO S」が登場。意のままにスポーツドライビングを楽しみながらも、実用的なお手軽なコンパクトカーとなっています。

さらなる加速性能を追求したパワーアップ

 日産がハイブリッド・コンパクトカー「ノート e-POWER」に、モータースポーツで培った技術をもつNISMOがチューニングを施して人気を博した「ノート e-POWER NISMO」を登場させたのは、2016年12月のことです。

 そこから約2年の歳月を経て、より走りに特化したモデル「ノート e-POWER NISMO S」が9月25日に発売され、早速試乗する機会を得ました。加速性能に重点を置き、運転の楽しみを重視したハイブリッドとして開発された「ノート e-POWER NISMO S」は、いったいどんな走りを見せてくれたのでしょうか。

日産「ノート e-POWER NISMO S」に乗る筆者(先川知香)

 インテリアやエクステリアは、ほぼ「ノート e-POWER NISMO」そのままに、パワーアップした電動パワートレインによる圧倒的な加速性能を実現した「ノート e-POWER NISMO S」は、モータースポーツのDNAとe-POWERという最新技術が高い次元で融合を果たしています。

 エンジン(発電機)の出力アップやリチウムイオンバッテリーの出力特性の変更、インバーターの最適化や駆動モーターの高回転化により、「ノート e-POWER NISMO」と比較して『最大出力25%UP』『最大トルク26%UP』ものパワーとなりました。

 それにともない、もともと瞬発力に優れたモーター駆動による加速性能を大幅に向上させ、よりエキサイティングな走りに。新たなドライブモードも追加され、安定した走りからコーナリングの立ち上がりで強烈なGを感じるようなピーキーでスポーティな走りまで、ドライバーの意のままに楽しめる深い懐を持ったオールマイティな1台へと生まれ変わりました。

日産「ノート e-POWER NISMO S」の詳細を画像で見る(22枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事