7月豪雨による高速道路の通行止めは全て解除へ 広島呉道路が27日に復旧の目途

国土交通省は、2018年7月の豪雨により被災した広島呉道路について、7月6日以降、通行止めが続いていた坂北IC~呉IC間の復旧工事完了の目途がたち、9月27日15時に通行止めを解除すると発表しました。

広島呉道路 坂北IC~呉IC間 9月27日15時に通行止め解除

 2018年7月の豪雨により被災した広島呉道路について、坂北IC~呉IC間(13km)が、同年7月6日以降、通行止めとなっていましたが、復旧工事の完了の目途がたったことから、同年9月27日15時に通行止めを解除し、全線通行再開すると国土交通省が発表しました。

広島呉道路の通行止め状況

 豪雨により大規模な道路崩壊が発生した水尻地区において、ネクスコ西日本による懸命な復旧工事が進められていましたが、ようやく完了の目途がたったとのこと。これにより、2018年7月の豪雨により通行止めとなっていた全ての高速道路が通行を再開することとなります。

 なお、広島呉道路が通行止めになったことにより、呉市周辺への迂回アクセス向上のために実施していた山陽自動車道(高屋JCT・IC~広島IC間)の料金の半額措置※については、広島呉道路の通行止め解除にあわせ終了するといいます。

※ETCを対象(普通車 1030円→520円 高屋JCT・IC~広島IC間)

【了】

重篤な被災箇所だった広島呉道路の坂北IC~呉IC間を画像でチェック

【最大88%OFF】早いほどお得に!秋・冬旅の航空券を売り出し開始!

画像ギャラリー

最新記事