『特別なお客様』向け限定スペシャル・フェラーリ 810馬力V12搭載の「Monza SP1/SP2」発表

2018年9月18日、フェラーリは自社のキャピタルマーケット・デイのタイミングに合わせて、マラネッロのファクトリーで新型フェラーリ「Monza SP1」と「Monza SP2」を発表しました。

最も刺激的な1950年代のモデルをモチーフにした限定スペシャルシリーズ

 2018年9月18日、今回フェラーリが発表した新型フェラーリ「Monza SP1」と「Monza SP2」は1950年代の最も刺激的なフェラーリの記憶をイメージさせる、「Icona」(イーコナ)とネーミングした新セグメント初のモデルで、最先端のスポーツカー技術を備えています。

シングルシートのロードカー フェラーリ「Monza SP1」

 過去、フェラーリは数々の限定車を発売しました。代表的なところで「F40」「F50」「エンツォフェラーリ」、最新では「ラ・フェラーリ」があります。これらはすべて「スペチアーレ」(スペシャル)と呼ばれ、フェラーリにとって『特別なお客様』のみが購入できる『特別なモデル』となっています。

 今回、発表された「Monza SP1」と「Monza SP2」も過去の「スペチアーレ」と同様に、『特別なお客様』限定の発表会が開催され、一般にも発表となりました。

 いにしえの「フェラーリ・レーシング・バルケッタ」(オープンコクピットのレーシングカー)の元祖となる、1948年の「166MM」をモチーフにした「Monza SP1」は、ステアリングを握るドライバーに、ユニークな経験をもたらす妥協のないシングルシート・ロードカーとして設計されています。

 また「Monza SP2」では助手席のカバーを廃し「セカンドウインドプロテクター」とロールバーを追加装備することで、ドライバーと一緒にパッセンジャーもセンセーショナルなドライビング体験を堪能できる2シーターモデルとされています。

 両車ともにフロントに搭載される6.5リッターV12気筒エンジンは、フェラーリの市販エンジン史上最強となる出力810PSを発揮し、0-100km/h加速2.9秒、0-200km/h加速7.9秒、最高速度300kmオーバーという数値をたたき出します。

 F1を頂点としたフォーミュラドライバーでなければ体験できない、異次元のオープンエアスピードを味わえるこのふたつのモデルは、価格、デリバリー時期について、まだ発表されていません。

【了】

フェラーリ「Monza SP1/SP2」の詳細を画像で見る(14枚)

画像ギャラリー

最新記事