• くるまのニュース
  • 試乗記
  • レクサス最小SUV 新型「UX」先行試乗 コンパクトでも上質な走りを実現! 都市に適したアーバン・クロスオーバー

レクサス最小SUV 新型「UX」先行試乗 コンパクトでも上質な走りを実現! 都市に適したアーバン・クロスオーバー

レクサス新型「UX」は、コンパクトで上質な乗り心地を実現し、都会をドライブするのにも適したアーバン・クロスオーバーモデルです。早くも新型「UX」に乗る機会が与えられたので、その実力をレポートします。

都会に馴染むレクサスクロスオーバーの集大成

 レクサスが全く新しいモデルを発表しました。その名は「UX」と言います。最近流行のちょっと背の高いクロスオーバーというカテゴリーのモデルで、その中でもコンパクトな部類に属します。都会をドライブするのにはもっとも適したモデルだといえるかもしれません。

レクサス 新型「UX」Fスポーツ

 レクサスのラインナップの中には、たくさんのクロスオーバーモデルが存在します。もっとも大柄なのはLXであり、道無き道を突き進む悪路走破性を秘めています。それよりややコンパクトなのがRX、さらに小さいのはNX、そして今回デビューしたUXで、レクサスのクロスオーバー構成は完成したのです。

 エンジンは直列4気筒2リッターガソリンエンジンと、直列4気筒2リッターハイブリッドエンジンの2タイプが準備されています。駆動方式は、フロントタイヤを回して走るFFと、4輪で駆動するAWDが選択できます。

 エンジンも駆動方式も、我々が好みで自由に選択可能です。さらにドライバーが希望すればAWDで走ることもできますが、どのモデルも共通した走り味があります。すべてが上質なのです。

 ガソリンエンジン搭載モデルは、回転数を上げて走ると気持ちが良く、ハイブリッドエンジン搭載モデルはモーターの力を借りて走りますから、発進で特に力強いのが特徴です。しかも、両エンジンともに燃費性能に優れています。ハイブリッドエンジンのガソリン消費量は圧倒的に少ないのですが、どちらのエンジンも優秀なことに違いはありません。

レクサス 新型UX 250hの直列4気筒2リッターハイブリッドエンジン

レクサスのコンパクトSUV、新型「UX」の詳細を写真でチェック(59枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事