ホンダ新型「CR-V」欧州仕様に先行試乗 アウトバーンでも安定した走りを披露

5代目となる新型「CR-V」が日本で発売されましたが、それに先駆けて欧州仕様の「CR-V」1.5リッターガソリンエンジンモデルに試乗。郊外のワインディングからアウトバーンまで走ったインプレッションをお届けします。

ホンダ起死回生のCR-V誕生まで

 最近、新型SUVよりもセダンが発表されると『珍しいな』と思うことがあります。それほどSUVは市民権を得て、セダンの人気がなくなってきているということでしょう。今回、ホンダのミッドサイズSUV「CR-V」が2年ぶりに復活し、日本でも市販されました。それに先駆けて欧州の新型「CR-V」試乗会に参加してきたので、そのインプレをレポートします。

新型「CR-V」欧州仕様でワインディングからアウトバーンまで試乗

 まずは簡単に「CR-V」誕生までを振り返ってみようと思います。SUVとは「スポーツ・ユーティリティ・ビークル」の略語ですが、その語源はアメリカの西海岸サーファーが作ったと言われています。

PRホンダの誇るSUV!CR-Vの中古車はコチラ

 父親が使うピックアップトラックにサーフボードを載せて、大きな波を追い求めた若者のライフスタイルがSUVの意味です。つまり、サーフボードというスポーツギアを乗せるためのクルマとして、SUVが定着した歴史があります。

 その一方でクライスラーの「チェロキー」もSUVとして普及しました。SUVはトラックにカテゴライズされていた歴史があります。メーカーにとっては「SUV=ライトトラック」と認識していました。

 同時期、日本では三菱「パジェロ」がヒットして、RV(レクレーショナル・ビークル)として時代を引っ張っていました。多くのRVはアメリカ同様、商用車ベースで開発されていたので、乗用車のプラットフォームしか持たないホンダは苦しんでいました。

 アメリカのSUV、日本のRVブームに乗り遅れたホンダは業績が悪化しました。しかし、当時の川本社長はホンダのRV戦略を打ち立て、日本では「オデッセイ/ステップワゴン/CR-V」というRV三兄弟が誕生します。『クリエイティブ・ムーバー』と名付けられたホンダのRVは、商用車を持っていなかったことを逆手にとって、乗用車ベースで親しみやすいRVとしてヒットします。こうして、1995年に誕生した初代「CR-V」がホンダのSUVの出発点となりました。

 それから約23年後、5代目「CR-V」が誕生し、日本でも市販されました。

ホンダ 新型「CR-V」の詳細を画像で見る(28枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事