春の交通安全運動が4月6~15日の期間でスタート “原宿”で開催されたパレードに“COOLS”の佐藤秀光さんとサンダンス・柴崎武彦さんが登場

サンダンスからは同店の代表的なスタイルである“コブラ”や最新カスタムである“シルバーファントム”も参加。やはりどんなカスタムであれ、人が跨り、路上を走らせてこそ“完成形”です
原宿の表参道をカスタムハーレーが走る今回の「春の交通安全運動」パレード。イチ・カスタムファンとしては、こうした光景に感慨を覚えます
右がCOOLSのリーダーであり、東京足立区でカスタムハーレーショップである“CHOPPER”を営む佐藤秀光さん。当然、現在もミュージシャンとして活躍するパワフルな人物です。ちなみに左の方はCHOPPERのお客さんで右腕を失った障害をお持ちなのですが、片手で運転出来るよう改造されたトライクで埼玉は深谷市から自走で参加。このように「バイクを諦めない人々」に手を差し伸べる部分にも佐藤秀光さんの人柄が伺えます
カスタムバイクを前に警察官の方と談笑する佐藤秀光さん。その昔を知る人間にとって何とも不思議であり、一種の感慨を覚える光景です
佐藤秀光さん率いる“CHOPPER”のお客さんたち。トライクやハーレーをベースにしたカスタム、“ヒデミツ・スペシャル”が定番のスタイルです
サンダンス・エンタープライズ代表の柴崎武彦さん。柴崎さんが被っている“アポロキャップ”はCOOLSファンにはお馴染みのアイテムですが、こちらは素材と型を現代的なものに変えたサンダンスのオリジナルで現在も販売中。同店のカスタムに通じる造りとなっています
柴崎さんの右に立つ人物はサンダンスのレーサー、デイトナウエポンのライダーを務める匹田禎智選手。もちろんこの日は安全運転でパレードに参加です
新たに駅舎が改装された原宿駅と明治神宮前の広場で「2021年 春の交通安全運動」のセレモニーがスタート。警視庁のマスコットキャラクター、ピーポくんも登場です
この日は渋谷区の長谷部区長もセレモニーの壇上に登場。訪れた人々に交通安全運動の意義を語ります
セレモニーでは当然、原宿署の署長さんも登場。春の交通安全運動と昨今のバイク事故の増加についてなどを語ります
この日、一日署長を務めたモデルの新田さちかさんとピーポくんが交通安全について講義。歩行者横断禁止の標識についてなどを語りました
女性誌のCanCamなどで活躍するモデルであり、地元の青山学院大学に在学中のモデル、新田さちかさんが一日署長を務めたこの日。オープンカーでパレードにも参加しました
原宿のシンボルともいえるラフォーレ原宿
女性誌のCanCamなどで活躍するモデルであり、地元の青山学院大学に在学中のモデル、新田さちかさんが一日署長を務めたこの日。オープンカーでパレードにも参加しました
警視庁の女性白バイ隊“クイーンスターズ”を先導に原宿、表参道でパレードがスタート。14台のトライクやハーレーの他、地元、原宿郵便局の局員さんもカブで参加し、沿道の人々を大いに楽しませました
原宿の表参道を走るCOOLSの佐藤秀光さん。かつてはハーレーのパンヘッドやショベルヘッドのチョッパーで同地を疾走していましたが、今回は安全運転に努めパレードに参加です
サンダンスのフラッグシップ的存在のカスタムバイク、“トランザム”で参加するのは同店代表の柴崎武彦さん。「走る・曲がる・止まる」安全で「飽きない」カスタムハーレー製作を信条とする日本を代表するビルダーです

記事ページへ戻る

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント