なぜEVの充電口位置はバラバラ? 給油口は後方配置が基本も 各社異なる理由とは

トヨタ RAV4の燃料配管パイプ
トヨタ RAV4の燃料配管パイプ
トヨタ RAV4の給油口
トヨタ RAV4の給油口
2021年中頃に日本市場に投入されるという日産のクロスオーバーEV「アリア」
2021年中頃に日本市場に投入されるという日産のクロスオーバーEV「アリア」
2021年中頃に日本市場に投入されるという日産のクロスオーバーEV「アリア」
2021年中頃に日本市場に投入されるという日産のクロスオーバーEV「アリア」
2021年中頃に日本市場に投入されるという日産のクロスオーバーEV「アリア」
2021年中頃に日本市場に投入されるという日産のクロスオーバーEV「アリア」
2021年中頃に日本市場に投入されるという日産のクロスオーバーEV「アリア」
2021年中頃に日本市場に投入されるという日産のクロスオーバーEV「アリア」
2021年中頃に日本市場に投入されるという日産のクロスオーバーEV「アリア」
2021年中頃に日本市場に投入されるという日産のクロスオーバーEV「アリア」
2021年中頃に日本市場に投入されるという日産のクロスオーバーEV「アリア」
2021年中頃に日本市場に投入されるという日産のクロスオーバーEV「アリア」
2021年中頃に日本市場に投入されるという日産のクロスオーバーEV「アリア」
2021年中頃に日本市場に投入されるという日産のクロスオーバーEV「アリア」
2021年中頃に日本市場に投入されるという日産のクロスオーバーEV「アリア」
2021年中頃に日本市場に投入されるという日産のクロスオーバーEV「アリア」
2021年中頃に日本市場に投入されるという日産のクロスオーバーEV「アリア」
2021年中頃に日本市場に投入されるという日産のクロスオーバーEV「アリア」
小型EVとして発売されたホンダ「Hondae」
小型EVとして発売されたホンダ「Hondae」
小型EVとして発売されたホンダ「Hondae」
小型EVとして発売されたホンダ「Hondae」
小型EVとして発売されたホンダ「Hondae」
小型EVとして発売されたホンダ「Hondae」
フロントデザインに上手く取り入れられる形で配置されたホンダ「Hondae」の充電口(ボンネットを開けた状態)
フロントデザインに上手く取り入れられる形で配置されたホンダ「Hondae」の充電口(ボンネットを開けた状態)
小型EVとして発売されたホンダ「Hondae」
小型EVとして発売されたホンダ「Hondae」
小型EVとして発売されたホンダ「Hondae」
小型EVとして発売されたホンダ「Hondae」
2021年1月に発売予定のマツダ「MX-30」(画像はハイブリッド車)
2021年1月に発売予定のマツダ「MX-30」(画像はハイブリッド車)
2021年1月に発売予定のマツダ「MX-30」(画像はハイブリッド車)
2021年1月に発売予定のマツダ「MX-30」(画像はハイブリッド車)
2021年1月に発売予定のマツダ「MX-30」(画像はハイブリッド車)
2021年1月に発売予定のマツダ「MX-30」(画像はハイブリッド車)
2021年1月に発売予定のマツダ「MX-30」(画像はハイブリッド車)
2021年1月に発売予定のマツダ「MX-30」(画像はハイブリッド車)
2021年1月に発売予定のマツダ「MX-30」(画像はハイブリッド車)
2021年1月に発売予定のマツダ「MX-30」(画像はハイブリッド車)
2021年1月に発売予定のマツダ「MX-30」(画像はハイブリッド車)
2021年1月に発売予定のマツダ「MX-30」(画像はハイブリッド車)
EVの先駆者といえる日産「リーフ」
EVの先駆者といえる日産「リーフ」
EVの先駆者といえる日産「リーフ」
EVの先駆者といえる日産「リーフ」
EVの先駆者といえる日産「リーフ」
日産「リーフ」はフロントグリルの上部に充電口を配置している。
EVの先駆者といえる日産「リーフ」
EVの先駆者といえる日産「リーフ」
EVの先駆者といえる日産「リーフ」
EVの先駆者といえる日産「リーフ」
レクサスブランド初のEVとなる「UX300e」
レクサスブランド初のEVとなる「UX300e」
レクサスブランド初のEVとなる「UX300e」
レクサスブランド初のEVとなる「UX300e」
レクサスブランド初のEVとなる「UX300e」
レクサスブランド初のEVとなる「UX300e」

記事ページへ戻る

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 給油口でも位置は指定されていない統一はしてないので、
    車体構造上引火の危険を避けるため排気口やエンジンの熱源から放し
    燃料タンクからパイプを伸ばすのに適した位置とスペースがあるのがリヤフェンダーだったから、
    乗用車ではそこが定位置になったけど左右混在してる訳です。
    BEV&PHEVの充電口も当然位置は指定されていないから
    ガソリン車と共用車体だと給油口と同じようにリヤフェンダーとなるケースが多いほか、
    専用車体だと充電制御ユニットの配置位置に近くてエクステリアデザイン上、
    悪目立ちせず、且つ充電しやすい位置スペースのある所を各社試行錯誤して設けてるのが現状でしょう、
    燃料タンク位置と給油パイプのレイアウトに比べ、
    充電制御ユニットの配置は自由度が高い事から位置は各車様々だという事です、
    キャデラック リリック(コンセプト)などは、
    左フロントフェンダーが開いて充電口周りが光るなどの演出したりしてますね、
    いづれ人気モデルが出て普及すれば周りもそれに準じた配置が主流になっていく事でしょう。

  2. 40年以上前の話だけど学生時代にガソスタでバイトをしていた。ガソリン給油口もとにかくバラバラ。
    アメ車はリアナンバープレートを持ち上げると給油キャップが出てくる。
    ハコスカはトランク前方で入れにくいし、吹き出るしで泣けてくる車だった。軽キャブのどこか分からないのが多かったね。 給油口をどの車が来てもさっと明けるのが先輩としてどや顔できる場面だった。
    EVもしばらくそうなるだろうね。