スズキ新型「KATANA」 9か月足らずの開発期間は、チームの情熱とサプライヤーの協力あってのもの!

大阪モーターサイクルショーでの寺田覚チーフエンジニア
アップライトな運転姿勢は、多くのライダーに楽しんでもらう事を前提に設計
アフターマーケットにも活気が生まれそうな予感がする「KATANA」
タンクとハンドルの間に余裕がないためセパハンの装着は、新型「KATANA」では難しい
スズキ新型「KATANA」を試乗中の筆者(和歌山利宏)
新型「KATANA」開発担当の皆さん
スズキ新型「KATANA」を試乗中の筆者(和歌山利宏)
カタナらしいヘッドライトやスズキ車初のスイングアームマウントリアフェンダーを採用
「KATANA」の車輛性格は、GSX-S1000譲りのスポーツネイキッドそのもの
新型「KATANA」チーフエンジニア寺田覚さん

記事ページへ戻る

【最大88%OFF】早いほどお得に!秋・冬旅の航空券を売り出し開始!

画像ギャラリー

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. そりゃ、ガワ替えただけだしな。

×