最近の輸入タイヤってどうなの? オートウェイで売れ筋の輸入タイヤ3本を実際に履き比べてわかったこと【PR】

安価な輸入タイヤにはどの程度の性能があるのか気になる方も多いのではないでしょうか。タイヤは安全に直結するパーツがゆえに安価なものには手を出しづらいという意見もあることでしょう。今回は、そんな輸入タイヤを取り扱う「オートウェイ」で販売されているタイヤ3種類を実際に試してみました。

価格が安い輸入タイヤにはどれほどの性能があるのか?

 昨今、圧倒的な価格の安さを武器に輸入タイヤ&ホイールが販売を伸ばしています。一方で、日本に住む我々にとってあまりなじみのないブランドで、しかもあまりに価格が安いとなると、タイヤは命を預けるものであるだけに、なおのこと大丈夫なのかと不安を感じる声も耳にします。

オートウェイで取り扱う3種類の輸入タイヤを徹底的に検証する!

 そこで、輸入タイヤホイール販売大手のオートウェイが扱っている、「HIFLY(ハイフライ)」の「HF805(エイチエフ ハチマルゴ)」「ZEETEX(ジーテックス)」の「HP2000 vfm(エイチピーニセン ブイエフエム)」「MINERVA(ミネルバ)」の「F205(エフニーマルゴ)」という売れ筋の3モデルを、実際に履いて試してみることにしました。

 最近の輸入タイヤの実力がどれくらいのものなのか、筆者(岡本幸一郎)も非常に興味があるところです。

アメリカ発のメーカー「HIFLY(ハイフライ)」の「HF805」

HIFLYはアメリカに拠点を置くユニコーンタイヤ社によって日本へ供給されている輸入タイヤ
ショルダー部分に切れ目のないトレッドパターンは走行時のタイヤの歪みを抑え、素早いレスポンスと安定したコーナリング性能を実現する

 HIFLYは、北米や欧州をはじめ世界各国で販売されている、高い品質とコストパフォーマンスを両立した人気ブランドです。

 そのHF805(エイチエフ ハチマルゴ)は、シリカ(添加剤のひとつ。転がり抵抗値や雨天の制動力などに効果がある)の配合により高速走行時でも安定した直進性能とコーナリング性能を発揮するとともに、高い静粛性で快適な乗り心地を提供するといいます。

 組み合わされるホイールは、力強い5スポークが印象的な「KIRCHEIS S5(キルヒアイス エスファイブ)」のマットブラックです。

ドバイ発のメーカー「ZEETEX(ジーテックス)」の「HP2000 vfm」

ZEETEX(ジーテックス)はUAEのドバイに拠点を置くブランドで、 タイヤをはじめ数々の自動車パーツを専門に取り扱っている
センターリブの幅を広くし特徴的な溝をほどこすことで走行安定性を高め、ブレーキング性能を強化した

 ZEETEXはドバイ発のブランドで、乗用車からトラック&バス用まで幅広いラインアップをそろえ、世界85か国以上で販売されています。

 そのHP2000 vfm(エイチピーニセン ブイエフエム)は、静粛性と快適性に重点を置いたトレッドパターン設計により、快適にロングドライブを楽しむことができると謳われています。

 組み合わされるホイールは、安定感のある10本スポークで幅広い車種にマッチする「LUXALES PW-X2(ラグザレス ピーダブリュー・テンツー)」です。

ベルギー発のメーカー「MINERVA(ミネルバ)」の「F205」

「ミネルバ」は自動車の歴史の中でも古くから名を馳せたベルギー生まれの有名な自動車メーカーの一つで、1902年から1938年にかけて欧州の著名な俳優や政治家のために高級車を製造していたブランド
左右非対称のトレッドとショルダーのデザイン設計により、高い排水性と静粛性を実現。全体的なウェット性能を向上させた

 MINERVAはベルギー発の、ヨーロッパで100年超の歴史を持つ伝統あるブランドで、現在は世界52か国以上で販売されています。

 そのF205(エフニーマルゴ)は、独自のトレッドとショルダーのデザイン設計により排水性を高めウェット性能の向上を図るとともに、優れた静粛性を実現しているとのことです。

 組み合わされるホイールは、枝分かれした独創的なメインスポークとサブスポークが立体感のあるデザインを見せる「Verthandi YH-S25V(ヴェルサンディ ワイエイチ・エスニジュウゴブイ)」です。

トヨタ「クラウン」1台でタイヤを交換しながら試乗をおこなった

筆者(岡本幸一郎)も同じ車に3種類のタイヤをとっかえひっかえ履かせてテストするのは初めてだった

 テスト車両はトヨタ「クラウン ハイブリッドRS」で、一般道、高速道路、ワインディングをそれぞれ履き替えながら走ってみました。タイヤはまっさらの新品ではなく、いずれもスタッフが200kmほど走って皮むきをしてあります。

果たして、高級車の「クラウン」でも満足できるタイヤ性能はあるのだろうか?

 なおクラウンRSの純正タイヤサイズである225/45R18はロードインデックス(荷重指数。規定条件下でタイヤが支えることができる最大負荷能力を示す数値)が91で240kpaの空気圧だと荷重能力は615kgとなりますが、今回の輸入タイヤ3モデルはすべてロードインデックス95のXL(エクストラロード)規格であり、615kgの荷重能力を確保するには250kpaの空気圧が必要なので、サイズと空気圧が全て同じになるように調整しています。

 ちなみに、XL規格は同じサイズでも荷重能力に余裕を持たせることができ、インチアップの際に荷重能力不足を補えるメリットがあることも念のためお伝えしておきます。

 ハイフライ「HF805」の詳細はこちら! 

 ジーテックス「HP2000 vfm」の詳細はこちら! 

 ミネルバ「F205」の詳細はこちら! 

【画像】オートウェイで売れ筋の輸入タイヤ3種類を詳しく見る!(34枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事