クラウンと友達になる時代!? LINEアプリでできる驚きの新機能とは 

15代目へと進化したクラウン。目玉機能の1つに「LINE」との連携があります。クラウンとLINEでは、どんな連携ができるのでしょうか。

進化したクラウンと友だちになれる

 2018年6月26日に、60年以上にわたって日本の高級車の代表格となっているトヨタ「クラウン」が15代目へとフルモデルチェンジしました。

LINEで友達となってコミュニケーションできる新型クラウン

 日本の道を快適に走る高級車を日本人の手でつくる、というコンセプトで生まれた「クラウン」は、フルモデルチェンジのたびに最新のテクノロジーを採用することで知られています。

 15代目「クラウン」では、メッセージアプリ「LINE」との連携が発表されました。7300万人以上の月間利用者数を誇るLINEは、もはや生活に必要不可欠なものとなっていますが、クルマと連携するというのはイメージが湧きづらいかもしれません。

緊急時にも頼れるクルマ

 LINEとの連動方法について、都内にあるトヨタ販売店の販売員に話を伺いました。

── クラウンとLINEが連携したことで、どのようなことができるようになったのですか。

 ご自身のクラウンとLINEで「友達」になることで、問いかけた内容に対して回答を得ることができます。また、ナビに目的地を設定することも可能です。例えば、お出かけ前にLINEで目的地を設定し、目的地の天候や目的地までガソリンが足りるかどうかなどを、LINEでのやりとりだけで知ることが可能です。

─― LINEでできることは他にもありますか。

 出発時刻などを確認することもできますが、現状では以上のような機能です。

 ただし、コネクティッド関連の機能自体は他にも備わっており、『MyTOYOTA for T-Connect』というスマホのアプリを使用することで、車両の状態をアプリ上で詳細に確認できます。ドアロックの閉め忘れやハザードランプの消し忘れを確認して遠隔で操作することが可能です。

 さらには、ドライバーの緊急事態に合わせて専門のオペレーターがスタンバイしており、事故や急病時にボタンを押すか、エアバッグが作動したときには、自動でオペレーターへ車輌情報が提供され、緊急車両などがすばやく手配されます。

── サービスの利用に費用はかかりますか。

 T-Connect for CROWNについては、新車でご購入後3年間は自動で標準搭載されます。最初の車検後、つまり4年目以降は年間1万6000円(消費税別)となっています。

クラウンとLINEの連携に関する画像を見る(10枚)

【夏休み】お得な航空券ならスカイチケット

画像ギャラリー

1 2

最新記事