日産 新型「GT-R」!? 50周年を記念した金ピカなプロトタイプ車を公開

日産「GT-R」の限定プロトタイプ車が公開。GT-Rとイタルデザイン、それぞれが50周年を記念した初コラボモデルとして制作されました。

日産GT-Rとイタルデザインの初コラボが実現

 日産とイタリアのイタルデザインは、日産「GT-R NISMO(2018年モデル)」をベースとした限定プロトタイプ車「Nissan GT-R50 by Italdesign」を2018年6月29日に公開しました。

プロトタイプ車「Nissan GT-R50 by Italdesign」のフロントデザイン

 このプロトタイプ車「GT-R50 by Italdesign」は、GT-Rとイタルデザインのそれぞれが50周年を記念するモデルとして共同開発されました。

 日産のグローバルデザインを担当する専務執行役員のアルフォンソ・アルバイサ氏は「『何の制約もなくGT-Rをつくったらどうなるだろう』とこれまで何度考えたことでしょう。今、それを実現できるのです」といいます。

 さらにアルバイサ氏は、「これは2つの大きな瞬間が交差するまたとない機会でした。自動車業界に大きな足跡を残してきたイタルデザインが50周年を迎え、ワクワクさせる興奮を生み出し続けてきた日産のGT-Rも50周年を迎えます。この2つの瞬間を祝うため、日産とイタルデザインは本プロトタイプを生み出しました」

 イタルデザインは、このモデルの開発、設計、製造を手がけています。内外装デザインは、ロンドンの日産デザインヨーロッパと日産デザインアメリカが担当しています。

プロトタイプ車「Nissan GT-R50 by Italdesign」の全体フォルム

 デザイン最大の特徴は、フロントの車幅いっぱいに広がる個性的なゴールドのパネルを採用。ベース車より54mm低くしたルーフラインがサイドデザインを引き立てます。リヤデザインは、日産「GT-R」の特徴でもある丸型テールライトを囲む形にゴールドのパネルが施されています。このカラーは「エナジェティックシグマゴールド」というは50周年記念として設定されています。

 インテリアは、センターコンソール、インストパネル、ドアの内張りに2種類のカーボンファイバーを設定しています。シート素材には、黒のアルカンターラとイタリア製レザーを採用。エクステリアに合わせて、未来的なレーシングカーをイメージしたスイッチ類にもゴールドの配色をアクセントとしています。

 プロトタイプ車「GT-R50 by Italdesign」は、3.8リッターV6エンジンを搭載し、最高出力720PSを誇り、GT3車両用の大口径ツインターボチャージャーや大容量燃料噴射装置など各システムを改良しています。さらに、新開発サスペンションやブレンボ製ブレーキ、ミシュランのパイロットスーパースポーツタイヤが最大限のパフォーマンスを生み出しています。

 最後に、アルバイサ氏は、「このモデルは次期型のGT-Rではありません。日産の技術力と日本のデザイン、そしてイタリアのコーチビルディングを結集して、両社の50周年を刺激的にクリエイティブな形で祝福したものなのです」と言っています。 

 このプロトタイプ車「GT-R50 by Italdesign」は、7月に欧州で実車がお披露目される予定です。

【了】

金ピカGT-R「GT-R50 by Italdesign」の詳細を画像で見る(12枚)

画像ギャラリー

最新記事