フェラーリ 3年連続で「インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー」を受賞

フェラーリは、「2018年インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー」賞を受賞し、3年連続世界最高のエンジンに選出されたと発表しました。

フェラーリV8エンジンは、芸術作品?

 フェラーリは、8気筒ラインナップに様々なバリエーションで搭載されている最新ターボ V8エンジンが、「2018年インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー」賞を受賞、3年連続世界最高のエンジンに選出されました。

インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤーを獲得した「Ferrari 488 Pista」

 記念すべき20周年を迎えた「インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー」のアワードで、フェラーリは6部門で賞を受賞し、自動車メーカーの1年での受賞数として過去最多を記録しています。

 今回の受賞でフェラーリが獲得したトロフィーの数は、合計で27に達し歴代最高の受賞記録です。

「エンジン・オブ・ザ・イヤー」総合1位の名誉と、最新モデル「Ferrari 488 Pista」に搭載の最高出力720cvを誇る3.9リットル V8エンジンは、排気量3-4リットルクラスの「パフォーマンスエンジン」部門と68名の国際審査員の投票によって過去20年の歴代受賞エンジンから最優秀賞を選出する特別賞「ベスト・オブ・ザ・ベスト」を獲得しました。

 インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー・アワードの共同会長ディーン・スラブニッチ氏は、「Ferrari 488 GTB の3.9リットル8気筒エンジンは、高性能ターボチャージャーを搭載したエンジンとしては、ライバル不在とも言えるほど極めて水準が高く、非の打ち所がありませんでした」と語っています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(1枚)

画像ギャラリー

最新記事