車重2t超のトヨタ 新型「アルファード」燃費は悪い? 厳しい実燃費テスト敢行

「高級車だし、燃費を気にする人は買わない!」と思われがちですが、面倒な給油の手間が省けるなら燃費がいい方がよいはずです。予想外の売れ行きにトヨタ関係者もびっくりしている新型「アルファード」の実燃費をテストしてみました。

人気の新型「アルファード」実燃費をチェックしてみた

 2018年1月にマイナーチェンジし、兄弟車の「ヴェルファイア」とともに関係者も驚くほど好調な売れ行きを見せているトヨタの高級ミニバン、新型「アルファード」。デザインが大きな話題となっていますが、売れているには他にもワケがあるはず。カタログ値ではハイブリッドのJC08モード燃費は18.4km/Lと、車両重量が2トンを超える大柄な箱型ミニバンとは思えないほどの数値を達成しています。今回は実燃費を中心に改めて新型「アルファード」をチェックしてみました。

トヨタ 新型「アルファード」エグゼクティブ・ラウンジ

 当日の天気は晴れ。気温は最高で26度です。エアコンは25度に設定しました。この実燃費テストはいわゆるエコドライブではなく、ごく普通のドライバーを想定し、燃費を意識せず、無理のない走り方で走行します。

 今回、テストしたのは新型「アルファード」の最上級グレード「エグゼクティブ・ラウンジ」。マイナーチェンジで兄弟車の「ヴェルファイア」以上に押し出しの強いフロントマスクになったと言われる「アルファード」はやはり存在感があります。

 それにしても、エグゼクティブラウンジのこの豪華なインテリアを目の当たりにすると、自分で運転するよりも後ろに乗せてもらいたくなるところですが、新型になってハンドルを握るドライバーにとっても走りのよさを感じられるようになったというので楽しみです。

アルファード:一般道(街乗り) 実燃費[12.1km/L]

新型アルファードの一般道(街乗り) メーター燃費計[12.1km/L]

 まずは都内の一般道。平日の日中だったのでまずまず流れていて、トヨタが誇るハイブリッドらしくエンジンが頻繁に停止するのですが、エンジンが動いているときの音や振動も小さく、止まっているときの差が小さいので何ら気になることがない点もよくできているなと感心させられます。

 スタート地点から東名高速の基点近くまで走行距離は16キロあまりを走って、街乗りでの燃費は12.1km/Lでした。さすがはハイブリッドです。

 その後、東名高速へ。まず高速道では静岡県の御殿場ICを目指します。

 ところで、高速道路ではマイナーチェンジで搭載された「トヨタ セーフティ センス」に含まれる「LTA(レーントレーシングアシスト)」が、車線維持に必要なステアリング操作を支援してくれます。自然な印象で適宜アシストしてくれるので、高速道路でのロングドライブが、安全で快適になったことを実感します。

この記事の画像をもっと見る(17枚)

画像ギャラリー

1 2 3

最新記事