新生ホンダ「モンキー125」は操る楽しさイッパイ! 余裕ある走りで行動範囲拡大

いよいよ7月12日(木)の発売が迫るホンダ新型「モンキー125」。いち早くジャーナリスト青木タカオ氏の試乗インプレッションと開発陣へのインタビューをお届けします。

モーターサイクルらしい、操る楽しさがしっかりある!

 昨年、惜しまれつつ50年の歴史に幕を下ろしたホンダ「モンキー」が、125ccになって帰ってきました。50cc時代のサイズ比率をすべてそのままに、車体を大きくしています。7月12日(木)の発売をひかえ、クローズドコース内で試乗することができました。

新型「モンキー125」

 イグニッションをオンにすると、反転液晶表示のメーターディスプレイ内で目玉に見立てた「00」の数字がまばたきをするというオープニングセレモニーで「モンキー125」は迎えてくれました。遊び心いっぱいで、思わずヘルメットの中で頬が緩みます。

 ゆったりとしたライディングポジションで、50cc時代のような窮屈さはもうありません。ベースモデルは「グロム」ですが、4速ミッションの空冷・4ストローク・OHC単気筒エンジンは、市街地で多用する低中回転域のトルクが増していて、ストップ&ゴーを繰り返す街乗り向きの印象。キビキビした走りで、市街地ならクルマの流れをリードできそうです。

 前後サスペンションは滑らかによく動き、クッションの厚いシートも座り心地がフカフカ。なにもかもソフトで、やさしい感触を跨った瞬間に感じます。

シートレールやスイングアームは専用設計

「グロム」ではモノサスだったリアサスペンションは、「モンキー125」ではツインショック化されています。当然、シートレールやスイングアームは専用設計で、スチール製モノバックボーンフレームも剛性感やしなやかさのバランスを最適化するため新たに開発しなおされました。

 ホイール径は前後12インチで、フロントはインナーチューブ径31mmの倒立式フォークに片押し2ポットキャリパーと220mmディスクローターの組み合わせ。リアはシングルポットキャリパーと190mmディスクをセットします。ブレーキはタッチも効きも充分以上で、過不足はありません。ABS仕様も設定されます。

 サスペンションは路面追従性が良く、そして走りも滑らか。小回りが効き、狭いところでクルクル旋回するのもまったく苦にしないので、タイトコーナーの続くワインディングでもキビキビと走るはずです。

 車体を操る感覚はもう立派なオートバイで、ライディングする歓びがそこにあります。50cc時代はプラモデル感覚でカスタムしたり、眺めて楽しむホビーのような感覚が少なからずありましたが、125ccとした新型は走る楽しさに満ちあふれています。

 普段は街乗りメインで、コンビニへチョットという気軽さも健在ですが、たまには遠出という使い方が「モンキー125」はできそうです。つまり、行動範囲を一気に広げるモデルに生まれ変わりました。

この記事の画像をもっと見る(17枚)

画像ギャラリー

1 2 3

最新記事