ホンダ 2019年競技用モデル「CRF250R」新たに「CRF250RX」設定し発売

ホンダは、2019年モデルモトクロス競技専用車「CRF250R」および、新たに設定したエンデューロレース向け競技専用車「CRF250RX」を発売します。

扱いやすい250ccエンデューロ マシンを新設定

 ホンダは、モトクロス競技専用車「CRF250R」のエンジン出力を向上させるとともに、ローンチコントロールシステムをCRF250Rとして初採用するなど2019年モデルとして仕様の一部を変更して総合性能の向上を図り、受注期間限定で発売されます。

新たにタイプ設定された「CRF250RX」

 さらに、不整地を利用した耐久競技のエンデューロ レース向け競技専用車「CRF250RX」を新たにタイプ設定し、受注期間限定で発売します。

 今回発売するモデルについてホンダ二輪広報課に聞いてみました。

ーー「CRF250RX」を、今回新たに導入する理由をお聞かせください。

 国内でも盛んなエンデューロレースにおいて、お客様から、より扱いやすい250ccのエンデューロ マシンの要望が多く、この度投入しました。

ーーシリーズ合計500台とありますが、RとRXの販売割合はどのくらいでしょうか?

 CRF250R、CRF250RX ともに、受注生産の為お客様のご要望に対応できます。 そのため現時点では、販売割合について、お答えすることができません。

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事