日産、新型「リーフ」のオープンカーを披露! リーフ国内累計販売10万台を記念し製作

日産は、電気自動車「リーフ」の国内累計販売10万台達成を記念し、新型「リーフ」のオープンカーをお披露目しました。

「日産リーフ」のオープンカーは自治体や各企業で活用予定

 日産は、日産自動車主催の「ゼロエミッション社会の実現に向けて」フォーラムにおいて、「日産リーフ」のオープンカーをお披露目しました。

「日産リーフ」のオープンカー

「ゼロエミッション社会の実現に向けて」フォーラムは、ゼロエミッション社会の実現に向け、様々な取り組みを実施している自治体や企業、政府関係者など約100名が参加し、これまでの活動を振り返ると共に、更なる発展を目指すことを目的に開催されました。

 新型「リーフ」オープンカーは、累計販売10万台を記念し、本フォーラムにて発表した、電気自動車の普及を通し社会の変革に取り組む日産の活動、”日本電動化アクション「ブルー・スイッチ」”の象徴として製作し、今後、更なるゼロエミッション社会の実現に向けた取り組みを進める、自治体や各企業にて活用される予定とのことです。

「日産リーフ」は、グローバルでも順調に販売を伸ばしており、「プロパイロット」や「プロパイロット パーキング」などの自動運転化技術や「e-Pedal」などの革新技術を持つ、「ニッサン インテリジェント モビリティ」を象徴するモデルです。

 なお、今回お披露目された「日産リーフ」オープンカーの市販予定は、ないそうです。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

最新記事