ヤマハ「NIKEN」開発陣に聞いた コーナリングの楽しさをピュアに感じてもらいたい

ヤマハの三輪バイク第3弾「NIKEN(ナイケン)」は、フロント二輪のタイヤで地面をしっかり掴むイメージでデザインされました。両腕のようにも見えるフロントフォークや、眼光鋭いライトからは、アグレッシブ感が滲み出しています。

躍動感あるスタイリングは新メカニズムを活かしたデザイン

 ヤマハが2018年中に国内発売する三輪スポーツモデル「NIKEN(ナイケン)」。その開発陣に貴重な話しを聞くことができました。

NIKEN開発チーム(左から前田周さん、鈴木貴博さん、八木俊紀さん、鈴木明敏さん、加藤新さん、安田将哲さん)

 実車を目の当たりにすると、その迫力あるスタイルに圧倒されてしまいます。まるでSF映画に登場しそうな宇宙生物、あるいはロボットのようにも見えますが、デザインを担当した安田将哲さん(ヤマハ発動機株式会社デザイン本部プロダクトデザイン部)は「“New Type of Agility & Controllability“をコンセプトとし、フロント二輪でしっかり地面を掴むイメージを表現したかった」と教えてくれました。

 青木タカオ(以下:青木):三輪になったことで、デザインの自由度が広がったはずですし、まったく前例のないっていう意味ではデザインするのも面白かったのではないでしょうか?

 安田将哲さん(以下:安田さん):面白いと思えるまでに、ずいぶん時間がかかりました。なにも参考にするものがなかったので、今後のベンチマークにもなるわけですし。まず、どうやってまとめたらいいのか、最初はまったくわからなくて不安が大きかったことを覚えています。

 開発チームには「どういうふうに走ってもらいたいかです」とか、LMWのメリットを聞いているうちに方向性が決まりました。たとえば「メカっぽい部分を見せる」ですとか、タイヤのグリップ感や減衰に優れるサスペンションの踏ん張りの効く足回りの印象など、開発思想が伝わるようなスタイルです。

 青木:とにかくアグレシッブですよね。フロントフェイスは眼光鋭く、フロント二輪を支えるフロントフォークは、ボクには両腕のように見えます。

左:デザイン本部プロダクトデザイン部 安田将哲さん

 安田さん:そうですね、路面を抱え込むようなイメージで、見た目もスポーティにしています。上質感のあるダークグレーメタリック基調で、ヤマハレーシングスピリットを示すブルーをフロントフォークのアウターチューブやホイールに配し、攻めるLMWを表現しました。

この記事の画像をもっと見る(30枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事