三菱、新型「デリカ D:5」発売 同時にアクティブ仕様の「ジャスパー」を新設定

三菱は2018年4月25日、ミニバン「デリカ D:5(ディーファイブ)」にフロントフェイスの変更など一部改良を施した新型「デリカ D:5」を発売しました。同時に人気の特別仕様車「ACTIVE GEAR」を継続販売し、新たな特別仕様車「JASPER(ジャスパー)」を追加設定し、5月17日(木)から販売を開始するとも発表しました。

三菱がアウトドアにぴったりな新型「デリカ D:5」を発売

 三菱は2018年4月25日、ミニバン「デリカ D:5(ディーファイブ)」にフロントフェイスの変更など一部改良を施した新型「デリカ D:5」を発売しました。

新型「デリカ D:5」特別仕様車「JASPER(ジャスパー)」

 同時に人気の特別仕様車「ACTIVE GEAR」を継続販売し、新たにキャンプなどの夏のアウトドアレジャーシーンに最適な特別仕様車「JASPER(ジャスパー)」を追加設定し、5月17日(木)から販売を開始するとも発表しました。

「デリカ」シリーズは、1968 年に「デリカ トラック」を発売してから本年で50周年を迎え、三菱自動車のウェブサイト内に「デリカ誕生50周年スペシャルサイト」を開設し、イベントやキャンペーンなどを展開していくといいます。

●「デリカ D:5」の主な改良内容
・フロントバンパープロテクター(アンダーカバー一体型)を採用することで、いっそう力強くアクティブなイメージのフロントフェイスとしています。

●特別仕様車「JASPER」の商品特長
・クリーンディーゼルエンジン搭載グレード「D-Power package(8 人乗り)」をベースに、「JASPER」のデカールをテールゲートに、広大な山並みや鹿を描いたサイドストライプ&デカールをボディサイドに配し、アウトドアシーンに映えるデザインとしています。

 また、「JASPER」専用色としてディープシーグリーンマイカ/アイガーグレーメタリックを設定したほか、フォグランプベゼルとウインカー付電動格納式リモコンドアミラー、アウタードアハンドルをメッキとし、太陽の下で映えるデザインとしたといいます。

 さらに18インチアルミホイールをダーククローム調塗装とすることで足元を引き締め、力強い印象としています。

 インテリアでは、シート生地に夏のアウトドアレジャーシーンで使い勝手のよい、撥水機能を付加した専用スエード調人工皮革(ブラウン&シルバーステッチ)、心地よい手触りに加え、滑りにくい立体的なボーダーキルティング形状とすることで、機能的なシートとしています。

 またアッパーグローブボックスとパワーウインドウスイッチパネルをピアノブラックとし、さらにアッパーグローブボックスにはエクステリアのサイドデカールと同イメージのイラストデカールを配しています。

 価格(消費税込)は、新型「デリカ D:5」が240万8400円から405万5400円、「ジャスパー」が357万480円から374万7600円、「アクティブ ギア」が376万3800円から393万6600円となっています。

【了】

三菱 新型「デリカD:5」写真で見る(7枚)

画像ギャラリー

最新記事