レクサス、新型セダン「ES」初公開 「ウィンダム」が帰ってくる!日本では秋に導入予定

レクサス新型「ES」が世界初公開されました。「ES」は、1989年にフラッグシップセダン「LS」とともに、レクサス最初のラインアップとして誕生。上質な乗り心地や静粛性、広い室内空間で人気を博し、数多くの国・地域において基幹モデルとして、レクサスの歴史を築き上げてきたモデルです。

レクサスブランド創設以来、歴史を創り上げた「ES」がフルモデルチェンジ

 レクサスは2018年4月25日、同ブランドの基幹モデルとなる「ES」をフルモデルチェンジした新型「ES」を中国・北京で開催中の北京モーターショー2018で世界初公開しました。

北京ショー2018で世界初公開された、レクサス新型「ES」

 レクサス「ES」は、1989年にフラッグシップセダン「LS」とともに、LEXUS最初のラインアップとして誕生。上質な乗り心地や静粛性、広い室内空間で人気を博し、数多くの国・地域において基幹モデルとして、LEXUSの歴史を築き上げてきたモデルです。

 今回発表された新型ESは、これまでの「ES」を超えるため、ESの原点と言える「上質な快適性」をさらに進化させたといいます。

 また「LC」「LS」と同様に、新世代レクサスとして大きく変革を遂げたエクステリアと広く快適な室内空間を両立したほか、レクサス独自のコンセプトに基づく、ドライビングの高揚感とくつろぎの空間を融合したインテリアを実現したといいます。

 新たなプラットフォーム・パワートレーンにより、歴代「ES」がDNAとして継承してきた上質な乗り心地を進化させるとともに、優れた操縦安定性で運転の気持ちよさを提供するなど、相反する要素を両立した「二律双生」を実現したとしています。

 さらに、第2世代「Lexus Safety System +」などの最先端技術で、より安全に運転を楽しんでもらえることを目指したとしています。

 なお、初導入となる日本での新型ESの発売は、2018年秋頃を予定しています。

●レクサス 新型「ES」主要諸元(海外仕様)
・全長4975mm
・全幅1865mm
・全高1445mm
・ホイールベース2870mm

【了】

レクサスが初披露した新型「ES」写真で見る

画像ギャラリー

最新記事