ホンダ、大型スポーツモデル「NC750S」のカラーリングを変更 全タイプにABSを標準装備し発売

ホンダは、ネイキッドスタイルの大型スポーツモデル「NC750S」のカラーリングを変更し、さらに全タイプにABSを標準装備し発売します。

ABSを標準装備し、カラーリングも変更

 ホンダは、力強いトルク特性で扱いやすく燃費性能に優れた直列2気筒750ccエンジンを搭載した、ネイキッドスタイルの大型スポーツモデル「NC750S」のカラーリングを変更行い、全タイプにABS(アンチロック・ブレーキ・システム)を標準装備し、新販売網のHonda Dreamより4月20日(金)に発売します。

NC750S Dual Clutch Transmisson

 カラーリングには、スポーティーかつ洗練された印象のグラファイトブラック(ツートーン)と、高質で鮮やかなキャンディークロモスフィアレッドの全2色を新たに採用しています。

 グラファイトブラックは、サイドカバーおよびラゲッジリッドをブルーに塗装したほか、フロントフェンダーの中央部にブルーのストライプを、メインシート側面とピリオンシートにはブルーのシート表皮を採用したツートーンカラーとしました。

 また、従来タイプ設定のABSを全タイプに標準装備しています。

 NC750Sは、大容量のラゲッジスペース、スポーツグリップヒーターおよびETC車載器を標準装備。またホンダ独自の二輪車用「デュアル・クラッチ・トランスミッション(DCT)」をタイプ設定するなど、通勤やツーリングなど幅広い走行状況で利便性と快適性を追求し、発売以来多くのお客様からご支持をいただいています。

 NC750Sシリーズの販売計画台数(国内・年間)は360台といい、価格(消費税込)は75万7080円、80万6760円です。

【了】

この記事の画像をもっと見る(5枚)

画像ギャラリー

最新記事