日産、電気自動車「リーフ」の国内販売が10万台を突破

日産は2018年4月20日、同社の電気自動車「日産リーフ」の初代モデルからの国内累計販売台数が10万台を突破したと発表しました。

約8年で国内販売10万台を突破した「リーフ」

 日産は2018年4月20日、同社の電気自動車「日産リーフ」の初代モデルからの国内累計販売台数が10万台を突破したと発表しました。

2代目の日産 新型「リーフ」

 日産は、2010年12月に持続可能なゼロ・エミッション社会に向けた世界初の量産型電気自動車として初代「リーフ」を発売しました。これまでにグローバルで累計30万台以上を販売した、世界で最も販売されている電気自動車が「リーフ」です。

 2017年10月にフルモデルチェンジした新型「リーフ」は、ゼロ・エミッションである事に加え、初代「リーフ」より蓄積してきたノウハウを活用し、電動パワートレインならではのシームレスでパワフルな加速、低重心を活かした軽快なハンドリングを実現しています。

 さらに、「プロパイロット」や「プロパイロット パーキング」などの自動運転化技術や「e-Pedal(イーペダル)」などの革新技術を合わせ持つ、「ニッサン インテリジェント モビリティ」を象徴するモデルです。

 日産自動車 専務執行役員の星野朝子氏は、「ホームマーケットである国内市場で、『リーフ』が累計10万台を販売したことを嬉しく思います。この実績は、商品力や技術力のみならず、『リーフ』の素晴らしさに感動し、共感して下さったユーザーが大勢いらっしゃったからこそ成し得たものです。これからも最高の商品やサービスを継続してまいります」と述べています。

●国内市場における日産「リーフ」の歩み

2010年12月 初代「日産リーフ」発売 24kWhバッテリー搭載、航続距離200km
2012年5月 LEAF to Homeの市場導入を発表
2012年11月 マイナーチェンジ 大幅な軽量化や回生性能の向上などにより 航続距離228kmに
2013年9月 国内累計販売台数 3万台突破
2015年12月 マイナーチェンジ 航続距離280kmに
2017年10月 フルモデルチェンジ 新型モデル発売 航続距離400kmを達成
2018年3月 グローバル累計販売32万台突破
※上記航続距離はいずれもJC08モード

【了】

この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

最新記事