三菱のEV「アイ・ミーブ(i-MiEV)」ボディ拡大で軽から普通車に! デザインも大幅変更

三菱自動車は、電気自動車「アイ・ミーブ(i-MiEV)」に一部改良を施し、2018年4月19日(木)より販売を開始しました。低重心で安定感のあるスポーティなスタイリングにし、ボディ拡大で軽から普通車となっています。

フロントバンパーの変更により軽自動車から登録車に!

 三菱自動車は、電気自動車「アイ・ミーブ(i-MiEV)」に一部改良を施し、2018年4月19日(木)より販売を開始しました。

三菱 電気自動車「アイ・ミーブ(i-MiEV)」

 今回の変更点はまず、エクステリアのデザインです。フロントバンパーとリヤバンパーの変更により、張りのある前後フェンダーがタイヤを包み込み、ロードハギング感を向上。サイドエアダムをボリュームのあるデザインに変更することで、低重心で安定感のあるスポーティなスタイリングとしたといいます。

 また、フロントバンパーにはフォグランプを標準装備しています。なお、フロントバンパーの変更に伴い「アイ・ミーブ」の全長は3,395mmから3,480mmに拡大。軽自動車から登録車に変更となりました。

 カラーは、スターリングシルバーメタリックおよび、スターリングシルバーメタリック/ホワイトパールの2トーンカラー(有料色・税込75,600円高)の2色を新たに設定した全5色展開です。モノトーン車には前後ドアサッシュにブラックアウトテープを採用し、細部の質感を向上させたといいます。

 そのほかにも、電池高温時お知らせ機能を追加。これは、駆動用バッテリーの温度が高い状態で急速充電をした場合、充電時間が長くなることをお知らせする機能です。グレード展開の見直しも行い、総電力量10.5kWhの「M」を廃止、同16.0kWhの「X」のみの設定としました。

 一部改良を行った新型「アイ・ミーブ」の価格(消費税込)は、294万8400円です。

 三菱「アイ・ミーブ」は、世界初の量産電気自動車として2009(平成21)年7月に販売を開始。52ヶ国で累計約2万3千台を販売してきました。また、電動車のグローバル普及に向けた取り組みとして、フィリピン共和国環境天然資源省やインドネシア政府などへ覚書に基づく寄贈を実施。持続可能な社会の実現に寄与しているといいます。

【了】

三菱 新型「アイ・ミーブ」写真で見る(6枚)

画像ギャラリー

最新記事