ドゥカティ、衝突を警告するシステムを2020年から搭載予定

ドゥカティは、ボッシュ製ABSコーナリングを全ラインナップに搭載を予定し、また量産車に間もなく搭載される未来志向のレーダー・システムのテストを現在実施しています。

レーダー・システムなどを搭載し安全性を向上させるドゥカティの戦略

 ドゥカティは、2025年に向けて安全を徹底的に追及し、技術革新を常に推進する“Safety Road Map 2025”と呼ばれる戦略を既に実行に移しています。

ボッシュ製ABSコーナリング・システムを搭載予定のスクランブラーシリーズ

 短期的には、ドゥカティ製の車体にARAS(アドバンスド・ライダー・アシスタンス・システム)を導入する予定です。ARASは、レーダーを含む数多くのセンサーによって、ライダーの安全性レベルを高め、車体周囲の情報を提供します。システムは、危険な障害物や他の車両を検知した場合、衝突を防止するためにライダーに警告を発します。

 ドゥカティとミラノ工科大学は、2016年にこれらのシステムの開発を開始し、“ブラインド・スポット”(リアビュー・ミラーには映らない範囲)に存在する車両や後方から高速で近づいてくる車両を検知して知らせることが可能な、リア・レーダーに基づく警告システムの研究が進められています。

 このパッケージは、第2のレーダー・センサーをフロントに搭載することで完成します。この装置の目的は、アダプティブ・クルーズコントロールを制御し、前方車両と一定の車間距離を保ち(ユーザーによる設定が可能)、ライダーの不注意による正面衝突の危険を警告します。

 これらのシステムは、危険物の存在をライダーに警告する高度なユーザーインターフェイスとともに、2020年に発売される一部のドゥカティ・モデルに搭載される予定です。

 “Safety Road Map 2025”には、ボッシュ製ABSコーナリングを全ラインナップに拡大する計画も含まれています。このシステムは、ブレーキングを積極的に制御することにより、最高レベルの安全性を確保します。

 標準的なABSシステムは、直進時にのみホイールのロックを防止してタイヤのグリップ損失を制御するのに対し、先進的なコーナリング・バージョンは、コーナリング時にもABSが作動してグリップを確保することにより、繊細なブレーキングが要求されるコーナー入口において、転倒のリスクを効果的に防止します。

 ドゥカティは、ボッシュ製ABSコーナリング・システムを搭載したモデルを全ラインナップに順次搭載予定です。

【了】

この記事の画像を見る

画像ギャラリー

最新記事