トヨタ、サポカーワイドにも対応!新型「アクア」発売 衝突回避支援で歩行者検知も可能

トヨタは、人気のコンパクトハイブリットカー「アクア」を一部改良するとともに、特別仕様車「S“Style Black”」を設定し、発売しました。

衝突回避支援で歩行者検知も可能になった新型「アクア」

 トヨタは2018年4月3日(火)、コンパクトハイブリットカーの「アクア」を一部改良するとともに、特別仕様車「S“Style Black”」を設定し、発売しました。

トヨタ新型「アクア」特別仕様車「S“Style Black”」

 今回の一部改良を行った新型「アクア」では、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense」において、昼間の歩行者も検知対象に加えた「プリクラッシュセーフティ(レーザーレーダー+単眼カメラ)」を採用しました。

 また、「インテリジェントクリアランスソナー」を新規にオプション設定としています。これは、駐車場などでアクセルとペダル踏み間違った場合に、衝突被害軽減に寄与する安全機能です。

 ボディカラーは、新たに加わった、ホワイトパールクリスタルシャイン(オプション)を含む全14色。ボディカラーと異なるカラーパーツを組み合わせた「FLEX TONE」4色も、色の組み合わせを一新し、設定を拡大しています。

 あわせて、Sグレードをベースにブラックを基調としたインテリアに、「Toyota Safety Sense」「インテリジェントクリアランスソナー」などを装備した、特別仕様車「S“Style Black”」も設定されました。

 今回の一部改良により、「Toyota Safety Sense」と「インテリジェントクリアランスソナー」を装着する車および特別仕様車「S“Style Black”」は、経済産業省や国土交通省などが推奨する安全運転サポート車のうち、「ワイド」という、高齢運転者に特に推奨するクルマに相当するとしています。

 新型「アクア」の価格(消費税込)は、1,785,240円から2,079,000円。特別仕様車「S“Style Black”」は、1,979,640円となっています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(9枚)

画像ギャラリー

最新記事