レンジ・ローバー「ヴェラール」がデザインで「レクサス LC」等を抑えての栄光の座

レンジ・ローバー「ヴェラール」が「ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤー 2018」に選出されました。ジャガー・ランドローバーとして、2017年のジャガー「F-PACE」に続く受賞となりました。

「ボルボ XC60」と「レクサス LC500」を抑えての栄光の座

 日本におけるジャガーとランドローバーのブランド事業を手掛けるジャガー・ランドローバー・ジャパンは2018年4月2日(月)、ミッドサイズ・ラグジュアリーSUV「RANGE ROVER VELAR(レンジ・ローバー・ヴェラール)」が「ワールド・カー・アワード」 において「ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤー 2018」に選出されたと発表しました。

「ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤー 2018」に選出された「レンジ・ローバー・ヴェラール」とトロフィー

 ジャガー・ランドローバーとして、2017年のジャガー「F-PACE」に続く受賞です。世界24か国82人のモーター・ジャーナリストによる投票を経て、「ボルボ XC60」と「レクサス LC500」を抑えて、栄光の座を勝ち取りました。

 レンジ・ローバー・ヴェラールは、2017年に世界デビューした「RANGE ROVER EVOQUE(イヴォーク)」と「RANGE ROVER SPORT(スポーツ)」の中間に位置する新型モデルです。

 車名は1960年代に使われていたラテン語で「(ヴェールで)覆う」ことを意味する、「velare」から派生したコードネーム「VELAR」にちなんでいます。デザインやエンジニアリング、生産は、英ジャガー・ランドローバーが自国で行っています。

 ヴェラールの特徴は、最適化されたプロポーションとシルエットにあります。スリムなマトリックスレーザーLEDヘッドランプ、ドアパネル格納式のデプロイアブル・ドアハンドル、滑らかな形状のインフォテインメント・システム「Touch Pro Duo」にはすべて、「RANGE ROVER」の「還元主義」の理念を反映しています。

 最高出力180馬力の2リッター「INGENIUM」(インジニアム)ディーゼルエンジンから、最高出力380馬力の3リッターV6ガソリンエンジンまで、計6種類のパワートレインをラインアップしています。

レンジ・ローバー・ヴェラールの写真をもっと見る(14枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事