CX-8が絶好調、3列シートSUVの人気は本物か? 国内自動車メーカー各社が市場導入

昨年マツダが発売した3列シートのSUV「CX-8」は、受注累計が1万台を超えるなど注目を集めています。他にも3列SUVを続々と市場に投入する国内自動車メーカー。ミニバンからの脱却かそれとも共存する世界が生まれるのでしょうか

3列シートのSUVが増えている背景とは?

 昨年12月にマツダが発売した新型「CX-8」は、同社の国内向けモデルとしては初めての3列シートSUVです。月間販売計画の1200台に対し、今年1月には受注累計がわずか1カ月で1万2000台を超えたという広報発表がありました。

マツダ「CX-8」

 その後も順調に受注は伸び、発売から2ヵ月となる2月14日時点では1万5500台のオーダーを受け、納期も通常のマツダ車より長い2ヵ月半ほどかかっているそうです(2018年3月初旬時点)。すでに計画の1年分の受注が入っていることになります。

 また、同じく昨年末に登場したレクサス「RX」の3列シート仕様も想定を超える受注(2月末までの累計で約900台)を受け、オーダーから納車まで4ヶ月半から5ヶ月程度を要するなど好調なスタートをきりました。

 今年の夏には、ホンダが新型「CR-V」を国内導入しますが、こちらも3列シートモデルが用意されるとアナウンスされています。スバルも日本では発売しないようですが、大型SUVのスバル「アセント」の発売を控えています。

 しかし3列シートのSUV自体は最近になって登場したわけではありません。たとえばランドクルーザーは1980年に登場した80系から3列シートモデルをラインナップに持っていたし、三菱・パジェロやいすゞ・ビッグホーン、海外ではランドローバー・ディスカバリーなど本格クロスカントリーモデルは3列シート(向かい合わせシートも含む)の多人数乗車モデルが当然のようにラインナップされています。

 また、SUVと呼ばれるモデルでも、三菱・アウトランダーや日産・エクストレイル、すでに生産を終了していますがトヨタ・ヴァンガードなど3列モデルが用意されています。

マツダCX-8や国産3列シートSUVの写真を見る(画像10枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事