レクサス、新型コンパクトクロスオーバー「UX」世界初披露 日本発売は2018年冬頃を予定

レクサスは、ジュネーブで開催されている2018年ジュネーブモーターショーでコンパクトクロスオーバー新型「UX」を世界初披露しました。

新たなライフスタイルを提案したレクサス

 レクサスは、スイス・ジュネーブで開催されている2018年ジュネーブモーターショーで新型コンパクトクロスオーバー「UX」を世界初披露しました。

レクサス新型コンパクトクロスオーバー「UX」

「UX」は、「Creative Urban Explorer」をコンセプトに、新たなライフスタイルを探求するきっかけとなることを目指し、レクサスのラインナップに新たに加わるコンパクトクロスオーバーです。

 インテリアは、ドライビングの高揚感を演出するコクピットと視覚的な開放感を両立し、クロスオーバーらしいシルエットを強調しています。「GA-Cプラットフォーム」の採用に加え、ボディの高剛性化と、軽量化による低重心化で、優れた操舵応答性・操縦安定性を実現。さらに、新開発の直列4気筒2.0L直噴エンジンや2.0Lハイブリッドシステムをはじめとする最新のパワートレーンを搭載しています。

 フロントシートは、伝統的な刺繍技法である「刺し子」をモチーフとしたキルティングや、ベンチレーション機能を持つパーフォレーションを採用し、機能とデザインを両立させ、和紙のような質感を表現したインストルメントパネル上部のオーナメントなど、LEXUS独自の日本の美意識を取り入れたデザインを採用しています。

ブロックメッシュ形状としたスピンドルグリル
左右一体の翼形状のリヤコンビネーションランプ

 エクステリアは、縦方向に厚みをもたせたボディにより、安心感のあるタフな力強さを強調し、キャビンの中心から、タイヤに向かって前後のフェンダーが張り出した構成としたほか、「GA-Cプラットフォーム」の採用による低重心化とタイヤの大径化で、俊敏な走りを予感させるプロポーションとしています。

 スピンドルグリルはブロックメッシュ形状とし、角度によって表情を変えるUX独自のデザインを採用し、力強さを表現しています。リヤコンビネーションランプは、左右一体の翼形状とし、両端を立体的な縦フィン造形とし、操縦安定性に寄与する空力性能を確保しています。

 搭載される直列4気筒2.0L直噴エンジンは、高速燃焼による世界トップレベルの熱効率を実現し、小型化・軽量化を実現させています。エンジンと組み合わせた新開発のハイブリッドシステムは、モーターによるアシストとエンジン回転数を最適化し、優れた燃費性能に加え、気持ちの良い加速フィーリングを実現しました。

“F SPORT”

「UX」にラインアップされた“F SPORT”は、グリルメッシュとサイドグリルをこれまでの縦基調のメッシュを継承し発展させたブランド統一の新しいFメッシュパターンとしたほか、フロント・リヤバンパー下部の漆黒メッキ、専用アルミホイールとの組み合わせで、下部をダークトーンにコーディネートし、“F SPORT”専用のシートやステアリング、メーターを採用するなど、スポーティさを強調する内外装としています。

レクサスは、「UX」に衝突回避支援や高度運転支援機能である「Lexus CoDrive」を含む、第2世代の「Lexus Safety System +」を搭載します。具体的には、現在、第1世代のLexus Safety System +に採用している「単眼カメラ+ミリ波レーダー」の構成はそのままに、各機能を進化させ、事故の防止や交通事故死傷者の更なる低減と、ドライバーの負担軽減を目指しています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(23枚)

画像ギャラリー

最新記事