日産、フォーミュラEマシンのカラーリングコンセプトを公開

日産自動車は、2018ジュネーブモーターショーにおいて、2018年12月に開幕する予定のフォーミュラE選手権シーズン5に向けたレースマシンのカラーリングコンセプトを初公開しました。

シーズン5よりフォーミュラE選手権に参戦

 日産は、ジュネーブモーターショーにおいて、ABB FIAフォーミュラE選手権に参戦するレースマシンのカラーリングコンセプトを初公開しました。

フォーミュラE選手権に参戦するレースマシンのカラーリングコンセプトを発表

 日産は、昨年の東京モーターショーで、2018年12月に開幕する予定のシーズン5より、フォーミュラE選手権に参戦すると発表しています。

 今回ジュネーブショーで公開したフォーミュラEマシンのカラーリングは、日本にある日産グローバルデザイン本部が担当し、最新のバッテリーやパワートレインのパッケージを採用した空力性能が特長です。

 日産のグローバルデザインを担当する専務執行役員アルフォンソ アルバイサは、「デザインチームは、シーズン5用のフォーミュラEマシンを一目見て、あたかも電動の鳥が超音速で飛んでいるようだ、と感じました。空気抵抗と重力から自由になるというデザインコンセプトは、この第一印象から生まれています。

 フォーミュラEのマシンは実際非常に静かで、それでいて爆発的なスピードを出します。そのため、カラーデザインをする際に、ドップラー効果に留意したのは自然な成り行きでした。

 このドップラー効果の超音波パルスと、ソニックブームから発せられるパワーのコンビネーションは、日産のフォーミュラE参戦をより勢いづけています」と述べています。

 今回のマシンは新しいパワートレインのパッケージを採用したことで、パワーと航続距離が増し、シーズン4まで行われていたレース中の車両交換の必要がなくなります。

 日産のチーフ・パフォーマンス・オフィサー(CPO)であるホセ ムニョスは、「これまでに、『日産リーフ』は世界中で累計40億キロ以上をゼロ・エミッションで走行しました。日産は電気自動車の先駆者であることに誇りを持ち、そして今、これまで培ってきた知見をモータースポーツに活かしたいと考えています。

 新しいフォーミュラEマシンが、今朝から一般にライブ公開されています。私たちは、レースデビューに向けて、マシンのカラーリングコンセプトを公開することにとてもワクワクしています。

 日産にとってフォーミュラEは、EV技術の重要な開発プラットフォームの一つであり、世界の主要都市の中心部でレースができることから、『ニッサン インテリジェント モビリティ』を紹介するのに最適のクルマと言えるでしょう。」と述べました。

 カラーリングコンセプトを公開した日産のフォーミュラEマシンは、レースデビューに備え、これまで数か月にわたり、新しい技術パッケージの開発を進めてきています。

 日産のグローバルモータースポーツダイレクターのマイケル カルカモは、「日産は、電気自動車技術に関する多くの知見を市販車だけでなく、レースの世界にも投入していきます。フォーミュラE選手権の競争レベルは高まり続けており、私たちはフォーミュラEならではの様々な開発上のチャレンジも楽しみにしています。

 日産は他のメーカーと同様に、シーズン5から一新されるマシン、バッテリー、パワートレインのパッケージで参戦します」と述べています。

 日産は、競争力向上のためにコラボレーションとシナジーの最大化に重点を置くルノー・日産自動車・三菱自動車のアライアンスを活用し、ルノーのこれまでの知見と技術を活用するべく取り組んでいます。フォーミュラE参戦に向け、ドライバーや技術パートナー、マーケティングパートナーなどに関する詳細を今年後半に発表する予定です。

【了】

この記事の画像をもっと見る(7枚)

画像ギャラリー

最新記事