ついにNSX GT3が初走行! スーパーGTのGT300クラスにフル参戦

ホンダが誇るハイブリッド・スーパースポーツのNSXをベースとするレーシングカー「NSX GT3」が、いよいよ日本のモータースポーツシーンに登場します。早速、初走行を行ったNSX GT3はどんなレーシングカーなのか取材してきました。

世界共通の規格「GT3」マシンのNSXが初試走

 今シーズンからSUPER GT・GT300クラスに参戦する「Modulo Drago CORSE(モデューロ ドラゴ コルセ)」が、静岡県にある富士スピードウェイでこの参戦車両であるNSX GT3のシェイクダウンテストを行いました。

 ちなみにモータースポーツで数多く聞かれる「シェイクダウン」とは、マシンの初走行のことです。

NSX GT3 「Modulo Drago CORSE(モデューロ ドラゴ コルセ)」初走行の様子

 あれっ、ホンダのNSXってもうSUPER GTに参戦していなかったっけ? と思う方も多いかもしれません。

 日本国内最高峰のレースシリーズであるSUPER GTは、マシンの規格によりGT500とGT300というふたつのカテゴリーに分かれています。

 現在のGT500はホンダ、日産、レクサス(トヨタ)の3メーカーが自らマシンを開発して参戦するカテゴリーとなっており、ホンダはNSX GTで参戦しています。

 このNSX GTは完全なワークスマシンで、エンジンもスーパーフォーミュラと同じレース専用の2リッター4気筒ターボ・エンジンとなります。

 いっぽうGT300には、日本国内メーカーだけでなくメルセデス・ベンツやポルシェ、アウディなど海外メーカーのマシンも多く参戦しており、これらの多くが「GT3」と呼ばれる規格のマシンです。

 世界のモータースポーツを統括するFIAが定めた世界共通の規格で、最大の特徴は一般に販売しているということ。もちろん誰でも手軽に買えるというわけではありませんが、市販車をベースに開発されたレーシングカーであり、NSX GT3もヘッドライトやテールレンズ、ドアノブなどは市販モデルと同じものを使用しています。

 そのNSX GT3は、アメリカのホンダ・パフォーマンス・デベロップメント(HPD)が開発、イタリアのJASモータースポーツが製造を行っており、2017年はアメリカ国内のレースに参戦。そして2018年より、いよいよ日本のSUPER GT・GT300クラスに参戦します。

この記事の画像をもっと見る(41枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事