トヨタ新型「ヤリス“SUV”」発表! “めちゃ速”新ハイブリッドに「注目」! オシャグリーンも新設定の「ヤリスクロス」ポーランド登場に反響集まる

トヨタのポーランド法人は2024年5月17日、「ヤリスクロス」の新たな改良モデルを同市場で発売しました。これに対して、ネット上やSNSなどでは反響の声が上がっています。

新ハイブリッド搭載! トヨタ新型「ヤリスクロス」発表に反響集まる

 トヨタのポーランド法人は2024年5月17日、コンパクトSUV「ヤリスクロス」の新たな改良モデルを同市場で発売しました。
 
 性能向上した新ハイブリッドが搭載され、注目が高まる同モデルに対し、SNSなどでは様々な反響が見られます。

精悍さを増した! 新型「ヤリスクロス」
精悍さを増した! 新型「ヤリスクロス」

 ヤリスクロスは、コンパクトカー「ヤリス」と同じGA-Bプラットフォームを採用したコンパクトSUVとして2020年4月に登場しました。

 全長4180mm×全幅1765mm×全高1595mmという扱いやすいボディサイズとしながら、居住性や荷室空間といったユーティリティ性能を併せ持ち、SUVとしての実用性を高めています。

 今回の改良を通じて、1.5リッターハイブリッド車に130hp仕様が登場しました。

 従来型(116hp仕様)のパワートレインを流用しながらモーターを強化することで、システム最高出力が14hp向上。より力強い走りを実現し、0-100km/h加速は従来型より0.5秒速い9.2秒となりました。駆動方式はFWDまたは4WDです。

 ハイブリッド車を116hp仕様と130hp仕様の2本立てにする一方で、従来のガソリン車は廃止。着実に電動化戦略を進めています。

 130hp仕様に特別仕様車「プレミアムエディション」が新設定されたのもトピックのひとつです。プレミアムエディションは、全6グレードあるうちの最上位の位置づけとなります。

 エクステリアでは、フロントロワバンパー、リアバンパーロワガード、ホイールが専用デザインとなるほか、新しいボディカラー「アーバンカーキ」を選ぶことができます。

 インテリアではヒーター付きステアリングホイール、電動バックドア、ヘッドアップディスプレイ、パノラミックビューモニター(360度モニター)などが標準装備され、シート表皮はレザーとファブリックのコンビタイプとなります。

 新型ヤリスクロスの価格は10万9900ズウォティ(約440万円)からで、プレミアムエディションは14万8900ズウォティ(約595万円)です。なお期間限定で最大9300ズウォティ(約37万円)値引きのキャンペーンが実施されます。

※ ※ ※

 トヨタの電動化戦略推進を具現化する新型ヤリスクロスに対して、SNSなどでは様々な反響の声が上がっています。

 一番多く見られるのは、デザインと装備についてです。

「ヤリスクロスのデザインが非常に気に入っています」「価格の割に装備が充実してる」など、高い評価が集まっています。

 また「パワーアップしたヤリスクロス羨ましい」と、日本導入を望む声も見られます。

 新ハイブリッドへと刷新され性能も向上した130hp版の新型ヤリスクロスは、2024年7月現在日本には未導入なため、引き続きその動向から目が離せません。

【画像】めちゃカッコいい! トヨタ「新型ヤリスクロス」を画像で見る(30枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー