日産が斬新「黒すぎ顔SUV」初公開! ゴツすぎデザイン採用!? 「Rock Creek」今夏後半発売! 新型ローグ、米国に登場

2024年7月8日に新型「ローグ ロッククリークエディション」が米国で発表されました。

日産の米国法人は、新型「ローグ ロッククリークエディション」を発表しました。

 日産の米国法人は、新型「ローグ ロッククリークエディション」を2024年7月8日に発表しました。

黒すぎ顔採用! 日産新型新型「ローグ ロッククリークエディション」
黒すぎ顔採用! 日産新型新型「ローグ ロッククリークエディション」

 今回、新型ローグ(2025年モデル)では、「SL」と「Platinum」に最新版の「インテリジェント アラウンド ビュー モニター」が追加されました。

 さらにオプションとして最新の「プロパイロットアシスト2.1」を搭載するなど、安全運転支援システムがより進化しています。

 パワートレインは、1.5 リッター可変圧縮ターボ (VC-Turbo) エンジンが搭載されエクストロニックCVTと組み合わされます。

 そして新型ローグ(2025年モデル)の最大の特徴と言えるのが「Rock Creek」が設定されてことです。

「Rock Creek」は、印象的なデザインと、舗装道路の端を超えて旅を終える追加機能を備え、人混みを離れたライフスタイルを好むドライバーのニーズに応えたモデル。

 その見た目は、シルバーのアクセントが特徴的なユニークなグロスブラックフロントグリル、ラバレッドのアクセントが特徴的な再設計されたフロントデザイン、グロスブラックのサイドミラー、ラバレッドのアクセントが入ったクロスバーが一体となったチューブラールーフラックが大胆な印象を見る者に与えます。

 足元には17インチのサテンブラックホイールに装着されたファルケン全地形タイヤ(235/65R17)を履いています。

 内装の強化には、独自撥水レザーレットシート、ラバレッドのアクセントステッチ、ピアノブラックのダッシュボードなどが採用されています。

 機能面では、フロントシートヒーターや荷室に12ボルト電源コンセントも追加されました。

 また運転支援システム「HD Intelligent Around View Monitor」には、時速12マイルまでの走行中に操作できるオフロード ビューを追加され、運転中に障害物を見つけるための貴重なツールです。

 また駆動制御システム「Intelligent All-Wheel Drive」には、ヒル ディセント コントロールが搭載され、急な坂を下るときにドライバーが一定の速度を維持できるようにします。

 さらにオプションのプレミアムパッケージは、ワイヤレス充電、ヒーター付きステアリング ホイール、パワーリフトゲートなど、冒険心に高級感を加えるアイテムも。

※ ※ ※

 新型ローグは2024年夏後半に発売を予定しています。

 価格は販売開始が近づいたら発表されます。

【画像】超かっこいい! 「黒すぎ顔SUV」の画像を見る!(35枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー