トヨタ新型「コンパクト“SUV”ミニバン」初公開! 全長4.4m級の「3列仕様」! タフ顔&オシャベージュの「ヴェロズ」泰で登場

トヨタのタイ法人は、「バンコクオートサロン2024」(会期:6月26日から30日)で、MPV(マルチパーパスビークル)「ヴェロズ」のカスタム仕様「ヴェロズ フレックス コンセプト」を初披露しました。どのようなモデルなのでしょうか。

めちゃ洒落てるトヨタの「コンパクトミニバン」初披露

 トヨタのタイ法人は、現地で開催されたカスタムカーの祭典「バンコクオートサロン2024」(会期:6月26日から30日)で、MPV(マルチパーパスビークル)「ヴェロズ」のカスタム仕様「ヴェロズ フレックス コンセプト」を初披露しました。

これはイイ! トヨタ新型「ヴェロズ フレックスC」
これはイイ! トヨタ新型「ヴェロズ フレックスC」

 ヴェロズは、アセアン地域を主戦場とした3列シートのMPVです。SUVとミニバンのクロスオーバーといった趣で、ボディサイズは全長4475mm×全幅1750mm×全高1700mm、ホイールベース2750mm。

 最低地上高は205mmと高めに設定されているのが特徴です。リアドアはヒンジ式を採用。シート配置は2-2-3の7人乗りとなっています。

 パワートレインは、1.5リッター直4エンジンにCVTを組み合わせており、最高出力106ps・最大トルク138Nmを発生します。駆動方式は2WDのみです。

 同じようなモデルとしてトヨタに「アバンザ」、ダイハツに「セニア」という名の3列シートMPVがラインナップされていますが、これらの基本コンポーネントは同じ。

 トヨタとダイハツが共同開発したアバンザ/セニアの上級バージョンとして追加されたのがヴェロズとなります。

 今回バンコクオートサロンで披露されたヴェロズは、古き良き時代のアウトドアライフをイメージしたようなカスタム仕様です。

 ボディカラーは最近流行りのベージュに、上半分(ボンネット、ピラー、ルーフ、ドアミラーカバー)をオフホワイトにした専用ツートーンカラーを採用。シルバーの加飾パーツはブラックに統一されています。

 足回りもレトロな雰囲気が演出されており、ホイールは鉄チン風、タイヤはホワイトレター(白い文字)のものを採用しています。フォグランプも昔定番だったイエローになっています。

 そのほか、サスペンション、ルーフラック、スポットライトなどと合わせて「デコレーションセット」とうたわれていましたが、市販化は未定です。

【画像】超カッコイイ! トヨタの新型「コンパクト”SUV”ミニバン」を画像で見る(30枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー