スズキ新「ビート」発表に大反響! タフ感高めな「コンパクトSUV」! MT設定アリ&4.1m級ボディの「ビターラ」豪に登場し「欲しい」の声

スズキのオーストラリア法人は、SUV「ビターラ」に新たな特別仕様車「BEAT(ビート)」を設定し発売したことを発表。ユーザーからも反響が集まっています。

超カッコイイ「コンパクトSUV」新“BEAT”に反響も

 スズキのオーストラリア法人は、SUV「ビターラ」に新たな特別仕様車「BEAT(ビート)」を設定し、同市場で発売したことを2025年5月17日に明らかにしました。
これについてユーザーからも反響が集まっています。

スズキの「ビート」誕生!?
スズキの「ビート」誕生!?

 ビターラは、スズキが海外で展開するコンパクトSUVで、生産はハンガリーの子会社であるマジャールスズキで行われています。

 日本ではかつて「エスクード」という車名で展開されていましたが、現在は販売されていません。

 ビターラのボディサイズは全長4175mm×全幅1775mm×全高1610mm、ホイールベース2500mm。

 パワートレインは2種類のラインナップで、最高出力117ps、最大トルク156Nmを発揮する1.6リッターガソリンエンジン。

 最高出力140ps、最大トルク220Nmを発揮する1.4リッターターボエンジンの展開で、ギアボックスは5速MTまたは6速AT。駆動方式はFWDを基本に、1.4リッター車には「ALLGRIP」と名付けられた4WDが併設されます。

 今回発表された特別仕様車のビートは、ドアバイザー、スモークボンネットプロテクター、フロアマットなどのアクセサリーを標準装備するとともに、ショルダーラインに沿って貼られる専用デカールを追加しているのが特徴です。

 ボンネットプロテクターはバグガードとも呼ばれ、空気の流れを変えることで虫や飛び石からフロントガラスを守るというもの。ハエなどの虫が多いオーストラリアではよく見かけるアクセサリーです。

 ビートの価格は1.6リッター車が3万990オーストラリアドル(約336万円)、1.4リッター車が3万5990オーストラリアドル(約391万円)となっています。ツートーンカラーは1345オーストラリアドル(約15万円)高となります。

※ ※ ※

 ビターラの特別仕様車の登場に「かっこいいー!」「ほしいな」「これなら日本でもいけるでしょ」との声、また「高い…」など価格について反応する声も寄せられていました。

【画像】超カッコイイ! スズキ新「ビート」を画像で見る(45枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

2件のコメント

  1. ユーロではなくオーストラリアドル! 
    記者はホームページすら見ないのか、、あほ

    • この度はご指摘ありがとうございます。修正いたしました。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー