“爆速ターボ”も搭載!? マツダ新型「最強ハッチバック」実車公開! ド迫力&シャコタンな「MAZDA3」登場

甲信マツダは、コンセプトカー「MAZDA SPIRIT RACING 3 concept(マツダ スピリットレーシング 3 コンセプト)」を、2024年7月11日~17日で、甲信マツダ自動車 南松本店(長野県松本市)において実車展示します。

「MAZDA3 ファストバック」の究極形!?

 甲信マツダは、コンセプトカー「MAZDA SPIRIT RACING 3 concept(マツダ スピリットレーシング 3 コンセプト)」を、2024年7月11日~17日で、甲信マツダ自動車 南松本店(長野県松本市)において実車展示します。

「MAZDA3」爆速仕様!? コンセプトカー「MAZDA SPIRIT RACING 3 concept(マツダ スピリットレーシング 3 コンセプト)[写真は「東京オートサロン2024」出展時]
「MAZDA3」爆速仕様!? コンセプトカー「MAZDA SPIRIT RACING 3 concept(マツダ スピリットレーシング 3 コンセプト)[写真は「東京オートサロン2024」出展時]

 マツダ スピリットレーシング 3 コンセプトは、マツダのモータースポーツ部門であるマツダスピリットレーシングが手がけるスペシャルモデル第二弾のコンセプトカー。

 2024年1月に開催されたカスタムカーイベント「東京オートサロン2024」で初公開されました。

 ベースは、「MAZDA3」のハッチバックモデル「MAZDA3 ファストバック」。

 MAZDA3はマツダの世界戦略モデルで、初代は2003年に登場。日本では当初「アクセラ」の名称で販売されていたものです。

 2019年に国内デビューした4代目の現行モデルからは、日本においてもグローバルの車名と統一しました。

 マツダ スピリットレーシング 3 コンセプトのベースである5ドアハッチバック“ファストバック”のほか、4ドアの「セダン」がラインナップされています。

 パワートレインは、1.5リッターガソリンエンジンのほか、2リッターマイルドハイブリッド「e-SKYACTIV G 2.0」「e-SKYACTIV X 2.0」、そして1.8リッターディーゼルターボエンジン「SKYACTIV-D 1.8」と幅広い選択肢があります。

 マツダ スピリットレーシング 3 コンセプトは、これらのベースモデルに対しパフォーマンスを大幅に高めています。

 その狙いは、日常では上質な乗り味とし、サーキットではより意のままに操れるクルマの実現を目指した「街中からサーキットまで楽しく走れるクルマ」です。

 マツダスピリットレーシングがスーパー耐久レース活動を通して培った、足回りやエアロダイナミクスのノウハウをもとに、内外装に反映しているといいます。

 現段階で詳細なスペックについては明らかにされていませんが、ベース車には設定がない高性能な2.5リッターターボエンジンが搭載される模様です。

※ ※ ※

 なお会場では、「ロードスター マツダスピリットレーシング RSコンセプト」も同時に展示されます。

 マツダ スピリットレーシング 3 コンセプトとともに東京オートサロン2024に登場したスペシャルモデルのコンセプトカーで、2024年1月下旬に発売された改良版のマツダ「ロードスター」をベースにしています。

 ソフトトップのND型(現行)ロードスターでは国内初となる2リッターエンジンを搭載したもので、今後の市販化も視野に入れているとしており、こちらにも注目が集まります。

【画像】超カッコいい! これが新型「“爆速”マツダ3」の全貌です(30枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー