スズキ「新型コンパクト“SUV”」発表へ! クーペスタイルの「小さな高級車」か!? MT設定&「100万円台」の「インドフロンクス」とは

スズキは、新たに日本に導入するというコンパクトSUV新型「フロンクス」の先行情報を7月1日に公開しました。同モデルは実際、どのようなクルマなのでしょうか。

スズキ新型「フロンクス」登場へ…どんなクルマ?

 スズキは、新たに日本に導入するという新型コンパクトSUV「フロンクス」の先行情報を7月1日に公開しました。

 実際の導入は2024年秋ごろと公表されていますが、同モデルはどのようなクルマなのでしょうか。

これが導入されるの!? スズキ新型「フロンクス」
これが導入されるの!? スズキ新型「フロンクス」

 新型フロンクスについて、詳細は明かされていませんが、スズキは「力強さと流麗さを際立たせたクーペスタイルに、取り回しの良さと快適な室内空間を兼ね備えた、新ジャンルのコンパクトSUV」と説明した上で、「2023年4月にインドでの販売を皮切りに、スズキのグローバルカーとして、中南米、中近東、アフリカなどでもご好評いただいています」とも解説しています。

 ティザーサイトでは、同時に画像も公開されており、これを見るにインドで展開される“フロンクス”とほぼ同様のクルマが、日本にも導入されると見て間違いないでしょう。

 では、インドで展開されるフロンクスとはどのようなクルマなのでしょうか。

 インド仕様のボディサイズは全長3995mm×全幅1765mm×全高1550mm。日本で販売されている車種で言えばトヨタ「ライズ」の全幅を大きくしたようなサイズ感です。

 エクステリアは、なだらかな傾斜を描くクーペスタイルが特徴的。インテリアは、クラスを超えた上質感のある内装に加え、スペースを有効活用した快適な空間に仕上がっています。

 パワートレインは、最高出力100馬力・最大トルク147.6Nmを発揮する1.0リッター直噴ターボエンジン+ISG(Integrated Starter Generator:モーター機能付き発電機)のマイルドハイブリッドモデル、最高出力89.7馬力・最大トルク113Nmを発揮するアイドリングストップ機構付きの1.2リッター自然吸気エンジンの純ガソリンエンジンモデルの2種類を用意しています。

 これに組み合わさるトランスミッションは、マイルドハイブリッドモデルが5速MTもしくは6速AT、純ガソリンエンジンモデルが5速MTもしくは5速AGS(オートギアシフト)が用意されています。

 ボディカラーは、アークティック ホワイト、スプレンディッド シルバー、グランデュール グレー、ブルーイッシュ ブラック、セレスティアル ブルー、オピュレント レッド、アースン ブラウンの7色モノトーンカラーと、スプレンディッド シルバー、オピュレント レッド、アーセン ブラウンの3色とルーフをブルーイッシュ ブラック ルーフで塗り分けた2トーン3色の全10色の豊富なカラーバリエーションをラインナップしています。

 現地での価格は、マイルドハイブリッドモデルが97万2500インド・ルピー(約188万円)から、純ガソリンエンジンモデルが74万6500インド・ルピー(約144万円)からです。

 日本に導入される新型フロンクスが、インドのものと同様の仕様であるかについては不明ですが、寸法などは大きく変わらないことが推察されます。

 スズキは新型フロンクスの情報を、今後随時専用サイトに掲載していくとしており、続報に注目です。

【画像】超カッコイイ! これがスズキ新型「コンパクトSUV」です!画像で見る(88枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー