ビーチで小型冷蔵庫やかき氷機に電力供給も! BYDが東京アウトドアショー2024で見せた魅力的なアウトドアライフ

2024年6月28日から30日まで、幕張メッセで東京アウトドアショー2024が開催されました。夏のビーチをイメージしたBYDブースでは、同社の電気自動車「ATTO 3(アットスリー)」のアウトドアでの楽しみ方を提案。アウトドアで便利な電化製品を全て同車が電力供給していました!

夏のビーチを思わせるBYDブース! 電気の供給は全てATTO 3から

 2024年6月28日から30日まで、幕張メッセ(千葉市)で東京アウトドアショー2024が開催されました。夏のビーチをイメージしたBYDブースでは、同社の電気自動車「ATTO 3(アットスリー)」のアウトドアでの楽しみ方を提案していました。

 同ブースではアウトドアで便利な電化製品を全て同車が電力供給するという展示も行われていました。

BYDのミドルクラスSUV「ATTO 3(アット3)」が展示された同社のブース
BYDのミドルクラスSUV「ATTO 3(アット3)」が展示された同社のブース

 コンパクトサイズの「DOLPHIN(ドルフィン)、ミドルクラスSUVの「ATTO 3」、Dセグメントのセダンとして発表された「SEAL(シール)」と、徐々にラインナップを増やしているBYDですが、アウトドアにはやはりミドルクラスSUVの「ATTO 3」が一番似合うとして展示されていました。

 BYDは最近テレビCMも頻繁(ひんぱん)に行われていることでその認知度は上がってきていますが、会場では実際に車両を見るのは初めてという人も多いようで、ブースに来て車内に乗り込み、その作りなどを体験している様子が多くみられました。

 ブースは夏のビーチをイメージする仕上がりとなっており、アウトドアブランドであるCHUMS(チャムス)の日よけテントやチェア、小物も多く展示。また「ATTO 3」のラゲッジには、リアトランク収納ボックス、3D防水トランクブーツライナーなどの役立つグッズが用意され、その積載性の高さもアピールしていました。

 そんなラゲッジとブースの入り口ではCHUMSのマスコットである白と黒の「ブービーバード」、日本名でいうと「カツオドリ」がお出迎え。白と黒でずんどうな感じがペンギンと間違われやすいですが、実はペンギンではなくカツオドリなのです。

 そんなCHUMSグッズが並ぶブースのビーチエリアには、小型の冷蔵庫、サーキュレーター、電動のかき氷機などの電化製品が置かれており、それらの電気を全て「ATTO 3」から供給していました。

 オプションのACタイプV2L(Vehicle to Load:電動車から、電化製品などに給電を行うこと)アダプターを使うと、「ATTO 3」は給電口から最大1500Wの電力を供給することができます。

 1500Wもの電力を出力できるとなると、小型冷蔵庫やサーキュレーター、かき氷機程度ではなんの問題もなく作動します。なんとブース内に置かれていた、クレーンゲーム機までも余裕でカバーできるそうです。近年ではアウトドアでの電気使用が多くなっているので、こういう機能があるのは便利でしょう。

 今回はアウトドアでの使い方でしたが、災害が起きた際にはこのようなV2L機能があることで、日用品の電気として使えるのも利点と言えるでしょう。

 遊び心あふれるインテリアも相まって、アウトドアでの楽しみ方が一段と広がりそうな雰囲気をつくり上げていました。

【画像】アウトドアの楽しみ方も提案! 東京アウトドアショー2024 BYDブースの様子を見る(11枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. 学生のイベントレポートじゃないんだから、BYD社の説明とか入れないんですかね。
    BYD社は中国の企業で、広東省深圳(シンセン)に本社を置く会社。
    記事にも有るが、某女優のCMで知った人も多いと思う。
    最近だと小田急グループの立川バスが、EVバスを1台購入して運行して居る(4月頃~)。
    (他のバス会社や、自治体等にも納めている例が有る)

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー