ホンダ 新型「コンパクトSUV」実車公開! 全長4.3m級で「車中泊」もできる!? 美麗デザイン×タフ加飾の新型「ヴェゼル ハントP」登場

2024年6月28日から30日まで幕張メッセで開催された「TOKYO OUTDOOR SHOW2024」に、ホンダは新型「ヴェゼル」のアウトドア仕様を出展しました。

新型「ヴェゼル ハントP」を出展!

 ホンダは2024年6月28日から30日まで幕張メッセ(千葉市美浜区)で開催されたアウトドアイベント「TOKYO OUTDOOR SHOW(トウキョウアウトドアショー)2024」に、新型「ヴェゼル」のアウトドア仕様「HuNT(ハント)パッケージ」を展示しました。

マイナーチェンジ版のホンダ「ヴェゼル」に新設定された「e:HEV X HuNTパッケージ」をはやくもカスタマイズ!
マイナーチェンジ版のホンダ「ヴェゼル」に新設定された「e:HEV X HuNTパッケージ」をはやくもカスタマイズ!

 ヴェゼルは2013年に登場したコンパクトSUVです。2代目となる現行型は、2021年4月に発売されました。

 2代目は、上位クラスにひけをとらない都会的で伸びやかなフォルムと、独自のセンタータンクレイアウトを活かした精緻なパッケージングにより実現した、見た目のスマートさからは想像しづらい十分な広さを確保した室内空間が特徴です。

 また後席シートはただ前倒しするだけではなく、床面に沈むダイブダウン構造を採用しており、コンパクトクラスとしては驚異的な約1900mmのほぼフラットな荷室長を確保しています。

 パワートレインは、1.5リッターDOHC「i-VTEC」ガソリンエンジンと、1.5リッターエンジン+2モーターハイブリッドシステム「e:HEV(イーエイチイーブイ)」搭載モデルが設定されています。

 そしてデビューからおよそ3年が経過した2024年4月26日には、マイナーチェンジを実施した新型ヴェゼルが発売されました。

 パワートレインでは、主力のe:HEVに改良を加えています。

 エネルギーマネジメントの制御を見直し、エンジン始動・停止頻度を大幅に低減させたほか、ドライバーの操作に対する応答性(アクセルレスポンス)をより向上させ、スムーズで力強い走りを実現しました。

 外観では、フロントグリルやフロントバンパーに変更を加え、SUVらしいタフさや存在感を強化。さらにリアコンビランプをフルLED化して水平基調の2段グラフィックに統一し、ボディの全周を巡る水平基調のキャラクターラインを強調しました。

 ボディサイズは、全長4340mm×全幅1790mm×1580-1590mm、ホイールベース2610mmで、マイナーチェンジ前と変わらないコンパクトさを保ちます。

 ボディカラーは「シーベッドブルーパール」(ホンダ新色)と「ボタニカルグリーンパール」(ヴェゼル新色)を新設定しています。

 グレード展開も変更し、上級グレード「e:HEV Z」には新たに「PLaY(プレイ) パッケージ」が設定されました。

 2代目ヴェゼルには当初、専用内装や専用2トーンカラー、パノラマルーフなどが備わる「PLaY」グレードがありましたが、新型ヴェゼルでは4WDやパノラマルーフレス仕様も設定することで、選択肢の幅を広げています。

 そしてもうひとつ新設定されたのは、ベースグレード「e:HEV X」にアウトドアテイストを追加した「HuNT(ハント)パッケージ」です。

 専用のルーフレールや専用アルミホイール、カッパー・メタリック塗装のフォグライトガーニッシュを採用し、専用カラーのインテリアと組み合わせ、都市部のみならずアウトドアにも似合うパッケージとしたものです。

 インテリアは「プライムスムース×ファブリック」に専用カラー「カーキ&ネイビー」のコンビシートとし、ファブリックの素材には撥水・撥油機能のある「FABTECT(ファブテクト)」を採用しています。

【画像】めちゃカッコいい! ホンダ「新型ヴェゼル」を画像で見る(30枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー